スタンダード・ジャズ

2016年9月18日 (日)

Sua Raney

先日のグラバー邸でのライブからもう1週間も経ってしまいました
その間、レギュラーのラ・スイートでのDUOもあったりして。
どちらのライブも盛況でした。
お運びくださった皆様、本当にありがとうございました(≧▽≦)
グラバー邸に来てくださった方がよそでライブの感想を話してくださり、
その話を聞いた方から、じゃあ一度歌いに来てよ~、と呼んでくださることになりました。
もう、とってもうれしい

愛川さんとのデュオは、時々ヒリヒリする瞬間があります。
なんだろう、このヒリヒリ感。
とても重要な感覚のような気がするのです。
そして、大事に育てていくべきなのかな、という気もしています。
ということで、次回愛川さんとは、11/23(水)酒音さん、
そして来年1/13(金)グラバー邸でご一緒いただきます。

この週末、大阪は雨。
台風もきているのかな。
やっぱり聞きたくなるこの1枚。
スー・ラニーの「雨の日のジャズ」

スー・ラニー、まだ元気で歌ってるようです。
76歳!!
昨年新しいアルバムもリリースされているし、
ライブもしているみたいです。
新譜聞かなくちゃ。
「雨の日のジャズ」の頃の若々しい声もいいけれど、
私はこのyoutubeに上がってる頃がすごく好きです。
高音とロングトーンの素晴らしいこと!!

大好きな曲がこれでもか、というくらいオンパレードなのもうれしい限り
はあ~、やっぱり自宅の音環境をグレードアップしよう・・・。
もっといい音で聴きたい!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月22日 (月)

Route66(その1)

先日の酒音さんで、Route66を歌いました。
ご存知の方も多いですよね。
私の叔父いわく、昔はRoute66というタイトルのテレビドラマがあって、それが日本でも放送されていたそうです。
コルベットに乗って、66号線を走るというそのまんまのストーリーだったそうです。

Route66といえば、Nat King Cole が歌っているのが有名だと思います。


   

ドラマの主題歌として流れていたのはこちらだそう。
George Maharis(ジョージ・マハリス)という俳優・歌手が歌っています。
ドラマにも出ていたようです。
8ビート!!
・・・なんだか新鮮です。 




そして、この帽子はRoute66を歌う時だけかぶったもの。
なぜなら、歌詞中に出てくるLAで買った帽子なんです。
少しだけでも、何か歌詞にちなんだ演出したかったのです(^_-)-☆
好評でホッとしました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年3月 1日 (火)

お出かけしたのは。

日曜日の東京はとても良い天気でした。
久々のモノレールが楽しい

レインボーブリッジ。

わたしが出かけた先は新宿村LIVE。
中野坂上なんて、何年ぶりだろう・・・。
そもそも、新宿村なんて知らなかったし。

わざわざ出かけたのは、劇団SUNSの"Scoreless"というお芝居。

第二次世界大戦前から終戦間際の日本。
適性音楽のジャズが弾圧されていく・・。

でも、みんなの心の中にある音楽まで弾圧することはできない。
それから、いつもそこにあるものが、明日もあるとは限らない。
明日突然なくなってしまうかもしれない。
というお話でした。
中本マリさんの歌も生で聴けるということで、どうしても行きたかったのです。
わたし、上海バンスキングが大好きだし。
上海バンスキングとは趣が違ってましたが、
これはこれで胸打たれました。
たくさん考えて工夫して、多くの人が心を合わせてつくっている舞台。
何人かの役者さんのエネルギーがすさまじかったです。
そして、中でもマリさんの歌う”Over the rainbow”は素晴らしかったです

もうね、涙してしまった。
シンプルなのに奥深いのです。
あんな歌、いったいいつになれば歌えるようになるのだろう。

少しお疲れモードだったのですが、心にビタミン剤もらった気分でした。
涙で視界がかすむ中、
見上げたら桜。
え、まじ?桜?ってみんな立ち止まってました。(笑)


滞在時間わずか5時間ほどの東京でしたが、濃密でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年2月 2日 (火)

道頓堀の夜。

昨日ライブが終わってから、大阪 道頓堀のSt.Jamesに出かけました。

39年にわたり道頓堀で営業されていたSt.James。
1/31でお店を閉められました。

ヴォーカル友達のYちゃんが予約をしてくれていたので、
便乗して良い席に座ることができました。
Yちゃん、ありがとう
演奏はお店のオーナーだった故田中さんのオリジナル曲で始まりました。
田中さんの演奏は何度か聴いたことがあったのだけど、
オリジナル曲は初めて。
どの曲もメロディが美しくて、しかもカッコいい。

何より演奏がほんとにカッコよくて、もう感激しました。
「魂のこもった音を」ということを言われてて、まさにそのとおりの演奏でした。



最後の営業日ということで、入れ替わり立ち替わりでベテランのミュージシャンがやってきて演奏して帰る。
それはもう贅沢な時間。
でも、それはこの日が最後だから、と思うとかなり切なかったです。

考えたら、初めてジャズのライブハウスに足を踏み入れたのがこのSt,Jamesでした。
自分が歌を歌うようになってからは、敷居が高く感じてなかなか行けなかった。
もっと行っておけばよかったなあ・・・と思ったところで後悔先に立たず。

去りがたくて、
結局深夜1時過ぎまでいました。
帰ってからもいろんな想いが交錯して、寝付けず。

いろんなことを先延ばしにしていないだろうか。
今できることをちゃんとやっているだろうか。
音楽って何がどうなると、人に聴いてもらえるんだろうか。
などと自問自答してしまいました。
わたしにできることなんてしれているけれど、
それでも真摯に取り組もう、
その取り組みはひとつでなく、いろんなことが影響しあっているなあ、
表面だけを見るのでなく、
よく感じて、考えて、動こう。
日々を、時間を大切に過ごそう。
などと自分を振り返る道頓堀の夜でした。

ありがとう。
St.James。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月15日 (火)

Satchmo for Christmas

来週はもうクリスマスですね
いつもよりまして、今年はまったくクリスマスムードを感じられないわたしですが・・・

でも、エルメスのこんなかわいいプロモーションビデオを見つけました!


クリスマスプレゼントのボックスが、エルメスカラーですよ
ツリーの下にこんなプレゼントがあったら、テンション上がるだろうなあ。。。

さて、声って「質感」みたいなのありますよね。
このPVで使われているルイ・アームストロングの声って、あたたかい感じがします。
夏よりも冬に合ってる気がするなあ。
(ジャズが好きなわたしにすれば、年中いつ聴いてもいいなあと思いますが。)

わたしの声はどうだろう。
あなたの声はゴージャスなものではないけれど、
コットンやリネンといった「天然素材」のようだ、と言われたことがあります。

妙に納得しました。
ゴージャスさがないのは少々残念ではありますが、
声はある程度生まれ持ったものがあるので、ないものは仕方ない。
飽きずに長く楽しめる天然素材を目指そうと思う次第です・・・。
ああ、そういえば「変わった声(おそらくユニークという意味だと思う)」と言われたこともあったなあ。。。
まあ、どこにでもある声と言われるよりはいいか、とポジティブにとらえているのですけど。

ということで、天然素材かどうかは置いておいて。
今週末のライブのお知らせを再度

♪12月19日(土) 午後2時より2セット。
♪niko(vo)、愛川聡(gt)
♪チャージ ご予約¥1600 当日¥2100
(ドリンク・フードは別途)
大阪市中央区谷町5丁目7-3 タニマチカワムラビル9F
TEL: 06-6768-5963

20151219_2

年末のあわただしい時期だと思いますが、お時間ございましたら是非!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年12月14日 (月)

クリスマス・ソング

先週は音楽のある場所にたくさん出かけた一週間でした。
・・・というか、もう音楽のある場所に行かずにいられなくて。

まず、セッションに2度行きました。
行きたいと思える時にささっと出かけられる場所があるって、ありがたいなあ、と思いつつ。

この秋はライブを減らしていたので、音のある「お店」で歌うのが少し久々。
新鮮でシアワセをひしひし感じました。

クリスマスが近いので、大好きなクリスマス・ソングも歌わせていただきました。
やっぱり、この曲が一番好き。


やっぱりクリスマス・ソングって美しいなあ、と思いながら帰路につきました。

翌日、この曲を引っ張り出して・・・。

金曜の夜は、北浜酒音へふらりと。
St.Jamesでホストピアニストをされていた木下さんに教えていただいたお店です。
ヴォーカルつながりの石田裕子ちゃんといつもお世話になっている能勢さんが出演していたので、これは行かねばと。
酒音さん、お酒も食事もめちゃくちゃ美味しかった
もう、ススムススム・・・。
しかもそばにはジャズが・・・・。
ああ、大好きな曲が演奏されている。
あかん
もっと飲みたくなる!!(笑)


1曲だけシットインさせていただきました。
お酒結構入ってたので、失礼いたしましたという感じでしたが、
かなりいい気分で、酒音さんを後にいたしました・・・。
はあ、いいお店

そんなこんなで、やっぱりわたしは生演奏が好き。
ジャズを歌うことも好き・・・と再確認した一週間(この感覚はすごく大事だ)を経て、ライブさせていただきます。

♪12月19日(土) 午後2時より2セット。
♪niko(vo)、愛川聡(gt)
♪チャージ ご予約¥1600 当日¥2100
(ドリンク・フードは別途)
♪場所:JAZZ LIVE BAR グラバー邸
大阪市中央区谷町5丁目7-3 タニマチカワムラビル9F
TEL: 06-6768-5963

20151219_2

年末のあわただしい時期ですが、ゆったり進めようと思います。
お時間ございましたら是非!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月18日 (水)

Give Me The Simple Life !!!

引っ越しをします。
先陣切って、ピアノだけが新しい家へ運ばれていきました。
ピアノがなくなると、いつもの部屋がとても寂しい空間に感じました

最近あんまりピアノの練習してなかったので、意外だった。
新居に移ったら、いっぱい弾こう。
いっぱい練習しよう。
20071124





それにしても。
8年ぶりの引っ越しは大変です。
今のマンションに8年も住んでたことに驚くと共に、
その間に世の中のいろんなことが変わった???なんて感じてます。


連絡先や手続きが以前より増えている!!!

新旧のマンションの管理人さん、
修繕の査定に来る人、
粗大ごみ収集の依頼、
ガス・水道・電気・電話・インターネット・引っ越しやさん・ピアノの運搬サービス屋さんなどなど。

このあたりは前と一緒だと思うのですが、面倒なのはこれで済まないこと。
引っ越しのこの部分は違う業者さんで、
インターネット回線のこの部分は違う業者さんで・・・とか、そこから更に増えてるんです。
毎日誰かと日程と時間についてああだこうだって話してます。
前からこんなだったかなあ?
便利なことが増えてる一方で、複雑さも増してる気がします

めんどくさい。(笑)
もうできるだけシンプルにしたい。
どうしたらいいのかなあ。

ひとまず、いろんなカード入会やお得な情報なんかも断わったり、サービス受けるのをやめたりしています。
もっともっと減らしたい・・・。

つくづくGive Me The Simple Life !!! と叫びたくなっています。
ああ、家の中から次々出てくるこまごましたモノ達も何とかしたい!!

・・・トニー・ベネット、やっぱりいいですね

☆直近のライブ情報
12/19(土)午後 大阪谷町のグラバー邸。
niko(vo)、愛川聡(gt)
詳細、追ってアップします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年11月10日 (火)

ある晴れた日に。

鳥取ジャズから二日後。
誕生日でした。
思いもかげず、多くの方にお祝いのメッセージをいただきました
みなさま、本当にありがとうございます。ヽ(^。^)ノ
日頃メール無精なわたしなのに・・・

この日の朝、空を見上げると雲一つない青空。
たまたま"On A Clear Day"が流れてきて、にやけてしまいました

いい気分だなあ、誕生日にこんないいお天気でうれしいなあ。
天気がいいことがこんなにうれしいと思ったのは久々だ。
なので、携帯のカメラで撮影してみましたよ(^_-)-☆

ちょっとだけスペシャルなものをお昼にいただきました。

といっても時々行くお店の「今日のスペシャルランチ」をオーダー。
「日替わり」と言わずに「今日のスペシャル」とここは名づけてます。
ものは言いようですよね
そういわれると、スペシャルになってしまう!!

日替わりメニューは、れんこ鯛のグリルでした。
周りのお野菜が美味しい


夕方空もとってもきれいな色でした。


ほんの少しだけスペシャルだった誕生日。
でも、それがとてもうれしかったのです。
こういう時間、大切にしたいなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年11月 4日 (水)

鳥取ジャズでした。

昨日は、鳥取ジャズでした。
少しひんやりする中、足を止めてお聞きくださったお客様、
実行委員のみなさま、ドラミちゃん、ありがとうございました
とっても温かい拍手をいただき、なんだかこちらがエネルギーをいただきました。
心より感謝しております。

さて、昨日をふりかえりますと・・・。
鳥取へはスーパーはくとで向かいました。
乗り鉄なので、上機嫌
和風の車内もなかなかイケテましたよ

舞子あたりを通過。
水面がキラキラして、ほんとに美しかったです。
海が見える家に引っ越したくなる・・・。(笑)

2時間半の列車の旅を終えて、鳥取到着です。
相方のドラミちゃんに迎えてもらい、打ち合わせしながらのランチです。
すなば珈琲に連れてきてもらいました!!
行きたかった場所なので、テンション上がってしまいます



このマークもかわいい

鳥取県は全国で一番カレーの消費量が多いのだとか・・・。
知らなかった
メニューに「すなば珈琲 カレーの集大成」と銘打たれたカレーがあったので、そちらを注文。
イカスミカレーです。
濃厚な味で美味しかった
辛さ控えめなのも、演奏前にはありがたかったです。

さて、本番です!!
いつものデュオ形式で進めてまいります。
サンロードは屋根があるので、野外でも安心ですね。
ただこの日は少し気温が低くて。
演奏している方はちょうどよかったのですが、
じっと座って聴いてくださった方達、寒かったのではないでしょうか・・・。


途中からサックスのミツナリさんが入ってくださり、
デュオがトリオに。
渋めの音色で、盛り上げてくださいました。
最後の曲では、お客様が手拍子をしてくださって、うれしかった

終演後、ドラミちゃんと学生時代の友人と。


鳥取ジャズは今年で5回目だそうです。
地域を盛り上げたい方、鳥取でもっとジャズを広めたい方、
いろんな方の思いをひしひしと感じました。
今後のさらなる発展をお祈りしております!!

来年も参加できますように。

そして、この後友人の案内で鳥取プチ観光へ繰り出したのでした。

↓参加しています。よかったら、クリックしてくださいね

にほんブログ村 音楽ブログ 女性ヴォーカルへ
にほんブログ村

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年10月 1日 (木)

Everything Must Change

夏の初めから、身の周りで色々変化が・・・。
淡々と対応するつもりでいるんですけど、
初めてのことばかりなもので、考え込むこともしばしば。
世の中にはまだまだ自分の知らないことでいっぱいだ。
考えても答えが出なくて、現実逃避してしまう日々が続いていました

とっかかりになりそうな人や場所に出かけてみて、
ようやく1つについては、進む方向が定まりました。
それさえも、また見直す時が来ると思います。
もう、"Everything Must Change"がグルグルと頭の中で繰り返されています。

そう、世の中には変わらないものなんてないのだ。
若者はいつか老人になる、
謎だったこともいつかとける、
確かなことは、
雨が雲から降り、太陽が空を照らし、ハチ鳥が歌うことくらい。
季節は冬から春に移りゆき、
少し時間はかかっても、
傷ついた心だっていつかは癒される。
変わらないものなんてないのだから・・・。



人生を感じてしまうなあ・・・。

おそらく、オリジナルバージョン。
ベナード・アイナ―自身が歌っています。
1974年に書かれてるようなので、スタンダードジャズとしては比較的新しいですね。
どんな心境でこの曲を書いたのだろう。
わたしはこの歌に人の世に永遠のものなんてないという悲観的な感情と共に
小さな小さな希望、ろうそくの灯のような微かな希望を感じます。

少しクールな感じで聞きたくて、カリン・アリソン。



ペギー・リーの歌い方は、もっと抑えた感じで、今のわたしにはしっくりきます。


時に予期せぬ変化もあったりします(←今ココ)が、
変わらないものなんてないんだから、
自然体で瞬間をめいっぱい生きたいと思います。

・・・なんて考えてたら、もう来年の夏のジャズヴォーカルキャンプのお知らせが入ってきました。
はやっ
7年続いた会場を変更するそうです。
オハイオもたいてい遠かったけど、またよく知らない地名が出てきた。
更に遠くなってる気がする・・・・
行けるかなあ・・・。

オハイオで見上げた夜空です。
この直後に流れ星を見たのです!!

願い事、かないますように・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧