ただいまのヘビーローテーション

2014年4月10日 (木)

今の気分

桜もそろそろ終わりですね。
今年は短かったなあ・・・。

1396843320133.jpg


毎年4月はあまりライブをしないことにしています。
その分楽譜書いたり、練習の時間に充てています。
昨日はセッションに行って、難曲歌ってきました。
うーん、やっぱり難しかったけど、自分の癖がよくわかったような気がします。
できてたつもりが、ちょっとしたことで崩壊してしまって残念。
いやいや、ここからが勝負。
まだまだ粘ろう。(^_-)-☆


で、前から好きなチェット・ベイカー。
久しぶりに聴いてもやっぱりステキ
ここ数日はこの曲がヘビー・ローテーション。


こちらは、この曲を作詞したシナトラ。
エヴァ・ガードナーとの恋愛中に書いたなんてことを知ってしまうと、
切なさが増すなあ・・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年7月 5日 (金)

だって買いたくなるんだもん。

昨夜寝る前にふとTVつけたら、アメトークやってました。
「すぐモノ買っちゃう芸人」特集。
わかる、わかるとうなずいてしまった・・・。

特にamazonでのお買い物。
「この商品を買った人はこんな商品も買っています」というリンクがとっても気になります
あなたの知らないステキ(ただしあくまでも予測)な世界がまだまだありますよ、って言われてるわけですから・・・。
ついついクリックしてしまいます。
結果、超インディーズなアーティストのCD買って、ガックリしたことが何度かあります。
すっごい手づくりな感じのCDでした。(笑)
アメリカのamazonのサイトまで行って買ったのに。
しかもamazonから直接購入じゃなくて、出店している個人の業者から買ったんです。
向こうも不思議に思ったかも。
海の向こうから何故これを!?って。
考えたらamazonに限ったことでなく、タワーレコード行っても、
ワイン買に行っても、だいたい同じことやってるなあ
お洋服の場合も。
これは次出逢える保証はないっと思うので、買う時は一気。
自分に似合うものや欲しいものがわかってるので、決断かなり早いです。


さて、先日買ったCDが入荷した、という連絡がきました。
明日届くそうで、楽しみです
今回買ったのはClare Fisherのものを2枚。
Clare Fisher、とてもクールです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年10月10日 (水)

最近はどうしてるの?

よかった。

ココログへの動画の掲載の方法が変わってしまったらしく、
思ったようにアップできてなかったのですが、
やっと新しい方法がわかった・・・。
これって、もしかして法改正によるものなのかなあ・・・。


それはさておき。
今更ながら、What's New聴いてます。
メロディライン、ステキ
ヘレン・メリルの声もこのころのはほんとに良い。
実は来月、僭越ながら某所でジャズについてのお話をすることになりました。
これからジャズ聴いてみたいな、と思ってらっしゃる方々が対象です。
それで、とっつきやすいCDは何だろうなあ、なんて考えてます。
やっぱりヘレン・メリルかなあ。
などと思いながら、ひっぱりだしています。



明日は、西本町FREEDOMでライブ。
高岡正人さんとのDUOです。
リラックスしたムードでお届けすることになると思います。
お時間ありましたら、是非お運びくださいね

♪10/11(木)FREEDOM Cafe+@jazz
1stage:19:30~  2stage:21:00~



地下鉄四ツ橋線・中央線本町駅24番出口から徒歩5分

阿波座駅1番出口からも徒歩5分
TEL 06-6541-3233

♪ライブチャージ ¥1100 (ドリンク・フード別途)

明日はスペシャルドリンクあるかも

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年9月10日 (月)

あなたのそばに。

先日、作詞家のハル・デヴィッドが亡くなりました。
91歳というご高齢でしたけど、やはり残念ですね。

バカラックとハル・デヴィッドはほんとにたくさんいい曲を書いてますね~。
いつも思うのですが、バカラックの書く曲には少しだけ「毒」があるような気がします。
甘い甘い曲調でも譜面を見ると、え・・・と思ってしまう。
とってもシンプルな曲に聞こえるのに、凝ったコード進行だったり、変拍子(聴いてる時には気づかない)が潜んでいたり・・・。
「綺麗な薔薇には棘がある」という諺を思い出してしまいます・・・
2人がつくった曲はほんとにたくさんあるのだけど、今の気分で選ぶとこんなラインナップになりました。
少し前にアップした"Raindrops Keep Falling On My Head"は今回泣く泣く割愛。


おなじみの"The Look of Love"はやっぱりDaina Krall で。


めずらしい"Close to You"を見つけました。
歌っているのは香港の女優、カレン・モクです。
わたし、この人一時大好きだったんです

コードが独特だ。


Dionne Warwick と Burt Bacharachで Alfie を・・・。

はあ~、美しい・・・


次のライブで、ハル・デヴィッドの曲のリクエストをいただきました。
うーむ。一応レパートリーには何曲かあるんだけど、どれにしようかな

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年8月 8日 (水)

"missing"

わたしのEBTG(Everything But The Girlという英国のユニットの略です。)好きは、知っている人なら知っている、
知らない人は誰も知りません。
あたりまえか(笑)

今は低音+打ち込み系ビシバシのクラブミュージックがメインみたいなのですが、
デビュー当時はアコースティックでオリジナルをやりつつ、
ジャズとボサノバの香りが濃厚でした。
すごく好きだったんです。
今も、当時のCDを聴くことがあります。
最近発見したんだけど、ローラ・フィジィがEBTGの曲をカバーしてるみたいです。
あ~、やっぱりなあ、と納得

そして、今日はこんなの見つけました。
"missing”という曲は、2009年に発表されたアルバムの中に入ってたのかなあ。
このアルバム以降、EBTGは大きく変わってしまった・・・。
それはさておき、その曲をジャズ寄りにアレンジしたものをUSのamazonで見つけました。
で、youtubeで検索したら、案の定出てきました。

オリジナルとそんなに変わらない気もするけどね
オリジナルはこちら。
今、五輪真っただ中の英国。
この街並みにも憧れたものでした・・・

歌っているトレイシーは最近、ソロ活動を再開してるのがちょっとうれしいです。
昔のアコースティック路線です。
ただし、前のジャズっぽさはあまり感じないのがわたしとしては・・・

よし、タグを#EBTGにして、ツイッターにあげてみよう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年8月 1日 (水)

新たな試みの8月。

一昨日のラ・スイートでのライブ、無事終わりました。
来てくださったお客様、
ホテルのスタッフの皆様、
PJ、コーディネーターの佐知子さん、ありがとうございました


あらためて、グラン・ブルーのカクテルは美味しい
昨日はロマンス・グローなんちゅう、ロマンティックなものがありましたよ。
美味しそうなカクテルを横目に、わたしは課題を痛感。
進歩している面ももちろんあるけど。
課題がわかってるので、一歩ずつ進んでいくのみです


さて、前から体力づくり&シェイプアップが気になっていたわたし。
今年は花粉アレルギーが発覚して、喉の不調も続き、
体質改善の必要性をヒシヒシと感じておりました
自分なりに色々やってみたのですが、あまり効果なく・・・。
そこで、一念発起!
パーソナルトレーナーについてもらうことにしました。
昨日はトレーナーさんと初セッション。
わたしの生活パターンや体質についてヒアリング後、みっちり2時間アドバイスをいただきました。
先輩に紹介いただいたお墨付きの方だったのですが、豊富な知識に圧倒されました。
そして、まあ〜、なんと自分の体や食べ物について無知だったことよ・・・
わーお、そんなシンプルなことでいいのかとびっくり。
せっかくいただいたこの体、もっと大事にします。
今度は体の癖を直し、トレーニングメニューを組んでもらうのだ。
今よりもっともっと楽に動けるようになるんだそうです。
楽しみ

最近のヘビーローテーションは"Dindi"。
あまりに暑いので、まったりした感じの曲が聞きたくなって・・・。


そうそう、8月はこのライブ2本。
宮下さんと2DAYS

*2012.8.30(水) グラン・ブルー(神戸ハーバーランド ホテルラ・スイート内)
niko(vo)、宮下博行(pf)

*2012.8.31(木) 朝潮橋ピアノバーKiyomi
「陰&陽」niko(vo)、喜多美子(vo)、宮下博行(pf)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

in the wee...

東京に来ています。
ポケットにはiPod。
移動中も好きな音楽と一緒。

iPodに詰め込んでいる数々の曲は、もちろん好きな曲ばかり。
しかし、昨日はやられました。

飛行機の中でのこと
最近お気に入りの in the wee small hours of the morning が流れて来た瞬間、
突然涙があふれてきたのです
ああ、まずい
周りの人にばれないように拭っても、拭っても止まらない。
この曲で泣いたことなんてなかったのに。

この歌は愛する人のことを想いつつ夜を過ごし、眠れないまま明け方を迎えている、そんな状況。
なんだかねえ、すごくリアルにその時間帯の空気を感じてしまったんです
しかも突然に。
機内の薄暗さのせいなのかしら。
はたまた、空を飛ぶことで身体の中の感覚が揺さぶられたのかしら。
最初にこの歌を歌ったのは、シナトラなのかな。
ということで、シナトラの歌うin the wee small hours of the morning リンクしておきます。
相変わらず、iPadは埋め込みがうまくいきません。

で、わたしは地震のせいで明け方目を覚ましました
そのまま眠れず、朝を迎えたのですけどね。
色気が足りない。笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

ワインもバラも準備中。

近頃のわたしは東へ行ったり、西へ行ったり。
ご当地の美味しいものなど食べて、それなりに楽しむポイント見つけてます。
そうそう、今年に入って導入したiPad!
これがとても役に立っています。
発声練習の音源を入れたので、
旅先のホテルの部屋で練習しやすくなりました!
ブラボー

さて、ここ2~3日のヘビーローテーションはThe Days of Wine and Roses。
昨年秋に買った宮下博行さんのCDに入ってたアレンジがとても好きで、ハマってしまいました。
それ以来、いろんなアレンジを探しては聴いています。
で、自分でも今アレンジ試み中です

これは、エヴァンスのThe Days of Wine and Roses

この演奏は、アルバム"Affinity"に収録されてます。
全編にトゥーツ・シールマンスのハーモニカが入っています。
一曲目からドラマティックなほど美しい音で始まります。
わたしのエヴァンスデビューはこのCDでした
誕生日プレゼントでいただいたということもあって、愛聴しています。


ピーターソンのThe Days of Wine and Rosesも好きなのだけど、
youtubeで音源を見つけることができませんでした
映画のストーリーとは正反対で、すごくハッピーな感じ


ワインとバラといえば、昨年開催したバラ園でワインを飲む宴を思い出すなあ~。
今年もやるぞ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年10月 6日 (木)

脳内ヘビロテ、Moonglow。

昨日は久々のピアノレッスンでした。
帰り際の先生の一言は痛かった
「本番」は何も考えないこと。
ただし、普段の練習は考えて考えて考え抜いてやること。
(感覚的に気持ち良い練習は意味がないことが多いよ、とも。
これは、ピアノも歌も同じですね~。
本番は何も考えない方が確実にうまくいく。
何も考えない状態になるには、
練習の量と質を考え直した方がよいなあ、
・・・と8月のライブの後で痛感してたのです。

で、まだまだ足りないながらも、昨日持って行ったのはMoonglow。
美しいメロディです。
それをもっと美しく響かせるコードワークや
リズムのつけ方、間奏を考えていったのです。
間奏は、まあまあ。
コードとリズムは自分が弾いた後、先生が弾いてくれたのを見て・聴いて、
何だか閉じてた目が開いたような気分でした。
同じ曲なのに、全然違うやん。
美しかったなあ。
ほんとに美しかった
あの音の中にずっといたい、と思ったほど。
ということで、現在脳内ヘビロテはMoonglowです。


映画ピクニックの中で使われたのが最初のようです。
月明かりの下、ダンスを踊る男女。
キム・ノヴァクがこれまた美しい


ロッド・ステュワートが歌うバージョンも美しい

悲しいことやつらいこと、醜いものがあるのは事実。
だけど、一方で美しいものもたくさんあるこの世界、
ひとときでも美しいものに触れられて、シアワセ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月26日 (月)

ヘビロテは"Looking for Stars"(宮下博行トリオ)。

昨日、和泉の国ジャズストリートに行ってきました。
久々に宮下博行さんのピアノを聴き、気分はです。

CDを持ってきているとのことだったので、終演後間髪いれずに買いに行きました。(笑)
もう既に2枚持ってるんですけど、
更に古いCDの再発と最新盤の2枚をチョイス。

帰宅してから、
そして今朝とずーっと聴いてます。

宮下さんのサイトの中に視聴コーナーがあるので、是非聴いてみてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)