« 音楽とことば | トップページ | 寄付をしてみました。 »

2016年9月26日 (月)

体の声

今日はデモ音源の再録音でした。
自分の体の正直さにびっくりしています。(笑)

ここ数日、何をしていたかというと・・・。
ボイストレーニングの先生や
ジャズヴォーカルの先生にもらったコメントを唄に活かすこと。
自宅での練習時はよかったのですが、
いざ録音となると、頭と体がガチガチに固まってしまいました。

「次のところの発音、気をつけなくちゃ。」
「ここのブレス、抑え気味に・・・」

「高音の所の発声は、チェストヴォイスは控えめでミックスヴォイス強めで」
なんてことばかりが頭の中をぐるぐると・・・。
そうしたら、息継ぎができなくなりました。(笑)
息継ぎできないと、ロングトーンが全くできません。
当たり前だ。
ここ数カ月、一生懸命研究して、練習してきたのに。

そのことをピアニストさんに告げたら、
そっと珈琲を出してくださいました。
(ピアニストさんのプライベートスタジオだったのです)
そして、ピアニストにも同じことが起きると話してくださいました。
「形」(私が気にしていたことは、すべて形です)を超えて、その先にある大きな所に行きたいんだよね、とか
自然の一部であることを忘れるとそうなってしまうかもしれないね、とか・・・。
ああ、そう、そうですねと納得。

一息入れてから、再びマイクの前に立つと。
全く違う感じで声が出ました。
録音聞いても、はっきりとわかりました。
なんだ、これ。(笑)

ちょっとしたことで、体も心も変わること。
知っていたけど、改めて実感しました。
そして、ちょっとだけうれしい変化に気づきました。
それは、ガチガチになっていた自分の状態にすぐ気づいたこと。
数年前の私はそのことに気づけませんでした。
その状態でゴリ押しして、「思ったように歌えない」と嘆いていたと思います。

気づくこと。

そこから何でも始まるんだな。


overjoyed。
そう、そこに行きたい。

エスペランサ見ていると、何もかもがカッコよくてチャーミングで。
思わず明日美容室に行って、アフロにしてください、と言いそうになるけど、
違う、そうじゃない。(笑)

|

« 音楽とことば | トップページ | 寄付をしてみました。 »

ジャズヴォーカル修行」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 体の声:

« 音楽とことば | トップページ | 寄付をしてみました。 »