« グラバー邸でした。ありがとうございました。 | トップページ | My First JBL »

2016年2月 2日 (火)

道頓堀の夜。

昨日ライブが終わってから、大阪 道頓堀のSt.Jamesに出かけました。

39年にわたり道頓堀で営業されていたSt.James。
1/31でお店を閉められました。

ヴォーカル友達のYちゃんが予約をしてくれていたので、
便乗して良い席に座ることができました。
Yちゃん、ありがとう
演奏はお店のオーナーだった故田中さんのオリジナル曲で始まりました。
田中さんの演奏は何度か聴いたことがあったのだけど、
オリジナル曲は初めて。
どの曲もメロディが美しくて、しかもカッコいい。

何より演奏がほんとにカッコよくて、もう感激しました。
「魂のこもった音を」ということを言われてて、まさにそのとおりの演奏でした。



最後の営業日ということで、入れ替わり立ち替わりでベテランのミュージシャンがやってきて演奏して帰る。
それはもう贅沢な時間。
でも、それはこの日が最後だから、と思うとかなり切なかったです。

考えたら、初めてジャズのライブハウスに足を踏み入れたのがこのSt,Jamesでした。
自分が歌を歌うようになってからは、敷居が高く感じてなかなか行けなかった。
もっと行っておけばよかったなあ・・・と思ったところで後悔先に立たず。

去りがたくて、
結局深夜1時過ぎまでいました。
帰ってからもいろんな想いが交錯して、寝付けず。

いろんなことを先延ばしにしていないだろうか。
今できることをちゃんとやっているだろうか。
音楽って何がどうなると、人に聴いてもらえるんだろうか。
などと自問自答してしまいました。
わたしにできることなんてしれているけれど、
それでも真摯に取り組もう、
その取り組みはひとつでなく、いろんなことが影響しあっているなあ、
表面だけを見るのでなく、
よく感じて、考えて、動こう。
日々を、時間を大切に過ごそう。
などと自分を振り返る道頓堀の夜でした。

ありがとう。
St.James。

|

« グラバー邸でした。ありがとうございました。 | トップページ | My First JBL »

スタンダード・ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 道頓堀の夜。:

« グラバー邸でした。ありがとうございました。 | トップページ | My First JBL »