« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

5月のライブ予定。

あっという間に5月です。
なんだか、たくさん歌わせていただきます!
お声掛けくださったみなさま、ありがとうございますm(__)m。
春らしいイベントがたくさんあります!
大阪の週間天気予報、ジャズストは晴れと出ました。
ビール片手にお楽しみください。

♪日時:5/3(金・祝)19:00-19:45
♪niko(vo)&アラタン(pf)+ビッグゲストあり・・・かも。
高槻ジャズストリート、今年も出演させていただきます。
ユニークなコードワークで知る人ぞ知るアラタンと!
♪ミュージック・チャージ:フリー
〒569-0071 大阪府高槻市城北町2-3-15 W&Mホテル1F

♪日時:5/4(土)20:00-20:45
♪パッショなniko's
niko(vo)、深山なつみ(pf)、G-FREEK(b)、いちろべえ(ds)
高槻ジャズストリート、2DAYS!
ジャズストならではのメンバーで、ドキドキしながらお届けします。
♪ミュージック・チャージ:フリー
♪場所:DUKE BAR (デュークバー)
大阪府高槻市北園町15-15 三精ビル2F
Kiyomi


♪日時:5/7(火)20:30
♪喜多美子(vo)、niko(vo)、愛川聡(g)
美しすぎるギターサウンドの愛川さんと!
♪ミュージック・チャージ:2000円+ドリンク・お菓子1000円
大阪市港区八幡屋1-3-17 レインボービル1F


♪日時:5/18(土)正午ごろ~詳細未定
この日、靭公園では薔薇祭りが開催されています!
♪niko(vo)、住吉健太郎(g)、萬淳樹(as)
♪場所:本町gazebo
大阪市西区靭本町1-6-17 TEL 06-6459-2746


♪日時:5/30(木)1st20:00~/2nd 21:00~/3rd 22:00~
♪niko(vo)、宮下博行(pf)
宮下さんのヨーロピアン・サウンドと贅沢なホテルの空間、美味しいお酒をお楽しみください。
♪ミュージック・チャージ¥1155

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月29日 (月)

京都ブルーノート終了、ありがとうございました。

昨日、京都ブルーノートでのライブ終わりました。

多くの方においでいただき、ほんとにありがとうございました。
一緒に演奏してくれたラリー・有福さん・あらたん、
お店のスタッフの皆様、ありがとうございました。m(__)m
心より御礼申し上げます。
バンドの皆さんの演奏が一曲目から飛ばしに飛ばしてまして、もう~すごかったです。
あんな熱い演奏の後で歌うので少しいつもと違う緊張が走りましたが、まあほんとになんとか。。。
皆さんのおかげです。
いつも歌いだすとあっという間に時間が経ってしまうんですが、昨日も早かった・・・。
昨日の様子を少しだけ写真でお届けしますね。
ピアノのあらたん。笑顔です。
Blunote01
強力リズム隊のラリー&有福さん。なぜか写真が横になってしまう。
終演後全員で。わたし、座敷童みたいになってます。(笑)
Blunote03_2
1st終了後。来てくださったお友達と。画面上ではちゃんとなっているのになぜかアップすると横になっている・・・
Blunote04
そして今日はこれから高槻ジャズストに向けてのリハです。
3日はビッグ・ゲストが来てくれることになりました!
また追って5月のライブのお知らせいたします

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月25日 (木)

(訂正)日曜日は京都ブルーノートで歌います。

ごめんなさい
間違えました。
土曜ではなく、日曜です。

ゴールデンウィークの京都で歌います♪
ラリー&有福さんとご一緒するのは久しぶりで楽しみです。
♪日時:4/28(日)20:30-
♪Larry&His Friends
ラリー・ランサム(ds)、アラタン(pf)、有福珍(b)、niko(vo)
♪ミュージック・チャージ:¥2000
Kyotobluenote2

お時間ありましたら、春の京都散策の後にでもお寄りくださいね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月21日 (日)

The Days Of Wine。。。

週末は生まれて初めて熟成したお肉というのをいただきました。
美味しかったなあ・・・
ワインはちょっとしんどいなあ、と思ってたのですが、美味しくてスイスイいってしまいました。

少しお酒が残った感じのまま、翌日は高槻ジャズストリートの説明会へ。
行ってみると、たくさん知り合いがいました。
なかなか会えない人にも会えて、うれしかったなあ~。

説明会後、別の音楽仲間とフサエで合流。
たわいない話をしながら、美味しいワインとお料理を楽しみました。
Fusae
きれいに撮られた写真は、お友達が撮ったものを拝借。
結構飲んだので解散かと思いきや、そこからインタープレイはちのセッションへ。
譜面持ってなかったのだけど、なんとかなりました。
今は便利ですね。
曲のタイトルとキーを伝えたら、みんなipadやiphoneのリアルブックでさくさくっと転調して演奏してくださいました。
実は初めて行ったはち。
いいお店だったなあ~。
また行こう!
   
そして今夜はスタジオでリハ。
がんばってきます。

動画はエラとジョー・パスのThe Days Of Wine and Roses。
なんてことのない曲、この人が歌うとなんとカッコ良いのか・・・。
目指して練習するけど、なかなかこうはいかない。
薔薇はないけど、ワインの日々ですね、わたしは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月18日 (木)

さよならを言う時はいつも。

Every Time We Say Goodbye、大好きなコール・ポーターの曲。
邦題では「いつもさよならを」となっているみたいだけど、わたしは「さよならを言う時はいつも」の方がしっくりきます。

切ない歌詞です・・・。

さよならを言う時はいつも少し死んだような気分になるよ。
どうして神様は何でも知ってるくせに、
君を行かせてしまうんだろう、と不思議に思うよ。
君がそばにいる時は、春のような空気が漂うんだ。
どこかでひばりが鳴き始めるのが聞こえるくらいだよ。
こんなに素敵なラブソングはないのに、
何かおかしいんだ。
メジャーから短調に変わってしまうんだ。
さよならを言う時はいつも。

初めて聴いた時(10代)は、涙しました。
「なんで死ぬねん!」とも思ったなあ。(笑)

ずいぶん前に楽譜だけ書いて放置してました。
うまく歌える自信がなくて・・・

が、今なら歌える気がして練習してます
このタイミングもまた不思議。
スタンダードはつくづく不思議だと思う。
よく知ってる曲がある日突然、全く別の曲のように聞こえてきたり、
歌ってみてもピンとこなくて寝かしていて、 ある日突然しっくりきてうまく歌えるようになったり・・・。
今のところは、まあまあ順調に仕上がりつつあります。

youtubeでこんなの見つけました。
やっぱりベティ・カーターの声には圧倒される・・・。




この人も素晴らしい! Mal Waldron & Jeanne Lee




 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月17日 (水)

約束。

月曜日、ピンキー・ウィンターズさんの歌を聴きにMr.Kelly'sへ行ってきました。

Pinky
シンプルな歌声と構成がとっても魅力的
声は低めなのにとってもクリアで心地よかったです。
小粋だったなあ・・・。
普段の自分がとっても無理をしているようで、少し恥ずかしかったです。

終演後、残っている人だけで写真を撮るのでどうぞ!と声をかけていただきました。
その時は気づかなかったんだけど、後で写真を見てびっくり!
まあ~、ジャズシンガーばっかり
Kellys

あんな有名な方までいらしたとは・・・。

ところで。
今日わたしは、自分と約束をしました。
今よりもっともっと良い歌を歌えるように精進しようと。
これまでだって、一生懸命そうしてきたつもり。
でも、まだ足りていなかったことがよーくわかりました。
練習の仕方ももっと良い方法があるかもしれない。
・・・何よりもメンタル面で弱い部分がありました。
少しずつ克服してきてるとは思うんだけど、まだまだ。(笑)
この約束をちゃんと守っているかチェックする日を決めて、カレンダーに記入しました。
一年後、いえ半年後、いや歌う度に今よりもっともっとグレードアップしていることをここに誓います。
(どこかに書いておかないとね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 8日 (月)

雨の京都で。

週末。
用があって、京都まで行きました。
雨と風のせいで桜は散り始めてましたが、それでも高瀬川はなかなか趣がありますね。

Sakura_2

用を済ませてからはジャズのお店(京都ブルーノート)でレコード1枚分の時間を・・・。
普段は何かをしながら音楽聴いてたり、あるいは1曲だけを真剣に聴いて後は聴かないでいることに改めて気づきました。
何もしないでただ良い音に耳を傾けているだけって、なんて贅沢な時間なんでしょう
これまでジャズ喫茶には友達と行って、喋ってたことが多かったかもしれない。
ジャズ喫茶の魅力再発見してしまったぞ
さて、リクエストがあればどうぞと言われ、迷わず「デューク・エリントン。できたら後期の方を。」とお願いしました。
で、かけてくださったのがこれ。
New Orleans Suite (ニュー・オリンズ組曲)
Wild Bill Davisというオルガン・プレイヤーが参加していて、
さらにニュー・オリンズにささげた一枚ということもあって、ブルージィーでした。
聞き慣れたエリントンとはまた違う魅力を感じました。

Record
エリントンをリクエストした理由。
エリントンの曲って華やかで楽しいものが多いなあ、と改めて感じてたから。
それからもうひとつ。
京都に行く途中の電車の中でジャズ詩大全という本を読んでいたのですが、たまたまエリントンとエリントン楽団のクーティ・ウィリアムスというトランペッターのことを書いているページを読んでたのです。
それで、どうしてもクーティ・ウィリアムスのトランペットを聴きたくなったのでした。

ジャズ詩大全で面白かったトピック。
この曲は、エリントンがクーティの見せ場をつくるために作曲したものだそう。
その名もすばり、”Concerto For Cootie”(クーティのための協奏曲)。
その曲に今度はエリントンが歌詞をつけるように、ボブ・ラッセルに頼んだそうです。
そして新たに生まれ変わったのがこの曲。
タイトルも”Do Nothin’ Till You Hear From Me"に変わりました。
歌詞がついて最初に歌われたのがこのバージョン。
ちょっとR&Bっぽい・・・。

その後、いろんな人に歌い継がれて、現在に至るそうな・・・・。
知らなかったなあ。
わたしはカーメン・マクレエがラテン調でバリバリ歌うのがすごく印象に強く残ってたんですが、このナット・キング・コールの甘いこと
あー、この曲、ほんとよいなあ。


そうそう、4月28日はこの京都ブルーノートで歌わせてもらいます。
わたしはやっぱりこのお店が好きだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 5日 (金)

4月・5月はこんな所で歌います。

桜は今日が最後かも・・・
この週末に春の嵐が吹き荒れると天気予報が言ってるのを聞いて、
昨日は住んでいるマンションの周りの桜を丁寧に眺めました。


さて、某SNSでは既にお知らせしたライブの予定。
自分のブログではまだでした
ゴールデン・ウィークならではのイベントもあって、いつもよりたくさん歌わせていただきます


♪日時:4/28(日)20:30-
♪Larry&His Friends
ラリー・ランサム(ds)、アラタン(pf)、有福珍(b)、niko(vo)
前回好評につき再演決定!
元ジョージ・ベンソンバンドのドラマーだったラリーのバンドです。あのドラミングは必聴です!
♪ミュージック・チャージ:¥2000
四条河原町から徒歩5分かな?
♪日時:5/3(金・祝)19:00-19:45
♪niko(vo)&アラタン(pf)
高槻ジャズストリート、今年も出演させていただきます。
ユニークなコードワークで知る人ぞ知るアラタンと!
♪ミュージック・チャージ:フリー
〒569-0071 大阪府高槻市城北町2-3-15 W&Mホテル1F
♪日時:5/4(土)20:00-20:45
♪パッショなniko's
niko(vo)、深山なつみ(pf)、G-FREEK(b)、いちろべえ(ds)
高槻ジャズストリート、2DAYS!
ジャズストならではのメンバーで、ドキドキ
♪ミュージック・チャージ:フリー
♪場所:DUKE BAR (デュークバー)
大阪府高槻市北園町15-15 三精ビル2F

♪日時:5/7(火)20:30
♪喜多美子(vo)、niko(vo)、愛川聡(g)
美しすぎるギターサウンドの愛川さんと!
♪ミュージック・チャージ:2000円+ドリンク・お菓子1000円
大阪市港区八幡屋1-3-17 レインボービル1F


♪日時:5/18(土)正午ごろ~詳細未定
♪niko(vo)、住吉健太郎(g)、萬淳樹(as)
♪場所:本町gazebo
大阪市西区靭本町1-6-17 TEL 06-6459-2746

♪日時:5/30(木)1st20:00~/2nd 21:00~/3rd 22:00~
♪niko(vo)、宮下博行(pf)
宮下さんのヨーロピアン・サウンドと贅沢なホテルの空間、美味しいお酒をお楽しみください。
♪ミュージック・チャージ¥1155

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年4月 1日 (月)

大阪の4月。

大阪の4月は肌寒い。。。。
桜は7~8割くらい咲いてるみたいですが。
いつもこんな感じでスタートすることが多い気がします。

先週土曜のグラン・ブルーでのライブ、終わりました。
春休み・土曜の夜・安次嶺さんのピアノということで、たくさんのお客様にお運びいただき、ありがとうございました。
直前までお店が貸し切りだったことでお待ちいただいたお客さまには、大変申し訳ありませんでした。

次回グラン・ブルーでのライブは5月30日(木)、宮下博行さんとお届けします。
安次嶺さんには7月31日(水)、またご一緒いただきます。
それにしてもいろんな意味で胸がトキメイタ土曜の夜でした。
久々の安次嶺さんのピアノにドキドキ
学生時代の大先輩達が聞きに来てくださって、ずらりと顔を揃えてらしてドキドキ
途中外国のお客様が入ってこられて、ドキドキ
こちらのお店ではよくあるんですが、MCを英語でしようとするとテンパリます。
そして、この土曜日のための練習・ステージを通して、あることに気づきました。
この気づきは大きい
こういう気づきを大事にしていこう・・・。
ということで、帰ってノートに書きとめました。

さて、春は出逢いと別れの季節ですね。
どんな出逢いが待ってるのか、ワクワクします。
日曜日はいつもお世話になっている宮下博行さんの門下生の方々の演奏を聴きに行って、早速すごく面白い出逢いがありました
人との出逢いに加えて、自分の成長や曲も出逢いに含めたいなあ、と思います。


春にちなんだ曲を。
"April in Paris"
エラ・フィッツジェラルドとオスカー・ピーターソン。


この歌の内容は、4月の手前。
4月を待っている曲みたいですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »