« 帰る前にもう一杯。 | トップページ | I Didn't Know "Don't Know Why" »

2012年9月 3日 (月)

"Plays Standard at Gazebo"

9月になりましたね。
朝晩は少し気温が下がってきたように感じます。
暑さもひと段落・・・してくれるといいなあ。
さて、今月はとっても贅沢で楽しみなライブがあります。

NYからロイ・キャンベル(tp)を迎え、
個性派ヴォーカルnikoと聴く人を魅了する祖田修(pf)が選りすぐりのスタンダードジャズをお届けします。

お時間ありましたら、是非お運びください
チケットのご購入は会場のgazeboさんかわたしまで連絡ください。
予約・前売りと当日とは料金が異なりますので、ご注意くださいね。

"Plays Standard at Gazebo"

日時:2012.9.30.日曜日 
    開場18:30~/開演19:00~(終演予定/20:30)
ミュージックフィー:前売り¥3500/当日¥4000(1ドリンク+1フード付き)
前売り価格は、ご予約・チケットを購入された方に適用されますので、ご注意くださいね
チケットはお店でお求めいただけます。
場所:カフェダイニング Gazebo 
大阪市西区靭本町1-6-17
TEL 06-6459-2746
(御堂筋線本町駅2番出口より徒歩5分・四ツ橋線本町駅25番出口より徒歩3分)
http://www.dining-gazebo.com/

20120930_2


出演者プロフィール
niko(vo)
中本マリ、Michele Weirらに師事。関西のライブハウスやホテルに出演中。原曲の持つ世界をストレートに伝える歌、明るく楽しいステージングが好評。ロイ・キャンベル来日時に開催されたジャズ・ワークショップに参加して以来、彼との交流を深めている。


ロイ・キャンベル(tp)
(Roy Campbell )
1952年ロサンゼルス生まれニューヨーク育ち。
トランペット、フリューゲル・ホルン、ポケット・トランペット、 フルートを演奏する。デビュー以来。 ジャズ激戦区のニューヨーク・ヨーロッパで40年以上活躍し続けている。 参加アルバムは100枚以上。 ジャズ・ジャーナル主催『トランペッター・オブ・ザ・イヤー2002』にノミネート。 彼のサウンドは祖先からの声、近代の芸術、未来的ヴィジョンを踏まえている。


祖田修(pf)
大阪芸術大学芸術学部音楽学科音楽工学専攻卒業後、ルーズベルト大学シカゴ音楽院修士課程ピアノ専攻にて学ぶ。数々のコンペティション等で上位入賞を果たす。フレディー・ハバード(tp)にその実力を認められ、メンバーとして参加。アメリカ各地で活動後帰国。

|

« 帰る前にもう一杯。 | トップページ | I Didn't Know "Don't Know Why" »

ライブのお知らせ」カテゴリの記事

コメント

コメントが遅くなりましたが、聴きに行きまぁ~す。

楽しみです o(^-^)oワクワク

投稿: Hide | 2012年9月10日 (月) 21時10分

♪Hideさん

ありがとうございますm(__)m。

わたしもとても楽しみなんです!

同じくワクワク(*^_^*)(笑)

投稿: niko | 2012年9月11日 (火) 09時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: "Plays Standard at Gazebo":

« 帰る前にもう一杯。 | トップページ | I Didn't Know "Don't Know Why" »