« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月28日 (木)

ニコ・イルカーノについて。

某所でカミングアウトしたのですが、
実は昨年からこっそりと"nikoちゃん新聞"なるものをつくっております。(笑)

きっかけはこの本を読んだこと。

リトルプレスとは、個人や少人数のグループによる少部数のかわいい冊子のことです。
営利目的ではないので、好きなことを自由に表現できます。
もちろんわたしには音楽という表現があります。
でも、音楽以外のことも少し手を出してみたい、
しかも音楽に関連しつつ・・・。
と思ってた時に、リトルプレスという存在を知りました

このブログも似たような存在だし、
メルマガに手を出したこともあるんですけど(メルマガは現在休刊中)、
もっとアナログなことに魅力を感じてました。
それで、nikoちゃん新聞です。(笑)
タイトルはもちろん"My Favorite Things”です。
お友達にPDF化してブログにアップしてよ、と言われましたが、それはしません。
あくまでもアナログなんです。
だから手渡しか郵送しています。
おかげさまで結構好評なんです。
30枚ほど作って、全部もらっていただきました。
(無理やり渡して、持って帰らせた、というほうが正しい

で、この新聞の発行人、ニコ・イルカーノとなっています。
わたしのことです。
名前をね、カタカナ表記にしたかったのです。
発行人の名前はすぐ決まりました。
最近T橋T男さんという大御所ピアニストに「あんた、顔イルカみたいやな。イルカのnikoや。」と言われるのです。
それをそのままいただきました。
イルカノニコ。
あ、イタリア人みたい。
ニコ・イルカノ。
ニコ・イルカーノ。
これがぴったりくる
ということで、ニコ・イルカーノが不定期に新聞を発行しております。
どこかで見かけましたら、読んでやってください

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年6月27日 (水)

これからリハ。

今日はこれからリハです。
7月30日のライブに向けて、PJ3とリハーサルなんです。

楽しみだなあ(((o(*゚▽゚*)o)))
ここ何度か、PJのソロライブを聞きに行ってて、
独特のコードワークにワクワクしたのです。
どんな風になるんだろう!?

リハ前の腹ごしらえは、ドトールの期間限定ミラノサンドとハニーバニララテ。
最近お気に入りのラテで気分盛り上げて、イッテキマス!!
1340789192801.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月23日 (土)

Zane Masseyが東京に行きます。

昨日アップしたゼイン・マッセイ達による「The Liberation Movement Suite」 が東京でも演奏されます。

詳細をお知らせしておきますね。

2012年6月26日(火) 20時より開演。
Open 19:30 start 20:00

at Shinjuku PIT INN (新宿ピット・イン)


Cal Massey「The Liberation Movement Suite」
Hideji Taninaka Group  Guest:Zane Massey

ゼイン・マッセイ(ts)
梅津和時(as,b-cl)
川嶋哲郎(ts)
高木慎二(as)
佐藤春樹(tb)
河野広明(tb)
津村あつし(tp)
二口善行(tp)
行本清喜(tp)
高岡大祐(tube)
山本 剛(p)
加藤真一(b)
朝倉正展(b)
谷中秀治(b)
Seigo,力武 誠(ds)

チャージ:¥3,500

Cal massey「The Liberation Movement Suite」 について

ジョンコルトレーンと深い交流があったカルマッセイの
マーティン ルーサー キングに捧げた渾身の「解放組曲」。

「Giant Step」の原型ともいえる美しいバラード「Dear John」を含む、
カルの息子ゼインマッセイを迎えて、日本では初演の組曲。

是非、あのパワーを肌で感じてみてください。
ゼインはとっても優しいです。
私が存じあげている谷中さん、行本さんも優しい方々です。
話しかけてみてくださいね!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月22日 (金)

"I Have Compassion."

毎日いろんなことを感じているのに、
なかなかブログへのアップが追いつきません

前後しますけど、先週の土曜日に聴きに行ったSoulbleed Orchestraのライブのお話を。

Cal Massey (カル・マッセイ。ジョンコルトレーンと深い交流があった。)作曲の『The Liberation Movement Suite』が演奏されるということで行ってきました。
これはあのマーティン・ルーサー・キングに捧げられた「解放組曲」だそう。
それをカルの息子ゼイン・マッセイを迎えて演奏されたのです。

素晴らしかったです
言葉で説明できない、とにかく大きな力を感じました。
管楽器っていいなあ。
自由で、体や魂と直結している感じがして・・・。
(もちろん、そのように演奏するには技術がいるわけで・・・)
曲そのものにもパワーがあるせいか、とにかく全員のパワーとエネルギーが渦巻いてる感じでした

終演後、ゼインと話すことができました。
前回の来日時も彼のライブを聴きに行っていて、
彼はわたしのことを覚えててくれました
話題は音楽のこと。
NYの音楽シーンのことや何やかんやと。
わたしが音楽を聴いてて、風景や土地の匂いのようなものを「自分の体験」として感じることがある、と話すと、こんな言葉が返ってきました。

"You Have Compassion!!"

最初何を意味してるのか、ときょとんとしてしまったのですが、
「あなたは音楽やそれをつくった人の気持ちに共感できるんだね!」ということ。
それで、その後、
"Belive your power inside, because you have compassion!!"
と何度も言ってくれました。
( Compassionを持ってるんだから、自分の中にあるパワーを信じなさい。)

泣きそうになるほど、うれしかったです
いろんな人に「ああしなさい」「こうしなさい」「こうするべきではない」「こうしてほしいんだ」と言われることが多くて、少し参ってました

それから、"Open your mind to the change" とも。
変化に心を開いておくといいよ。
これは時々すごく得意、時々とっても苦手
でも、きっとできる、そんな気がしました。
うん、自然にそうできたらいいな。

1340327187517.jpg


Things Have Got To Change (The Liberation Movement Suite / Composed by Cal Massey)
Soulbleed Orchestra
Live at Studio Q Osaka Japan
2012/06/17


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月21日 (木)

降っても晴れても。

大阪は雨です。
台風の影響でかなりの量降っています。
雨の日の外出は大変だけど、室内にいるのは好き。
とっても落ち着いた気分でゆったり過ごせます。

さて、先日来ずっと喉の調子が悪くて何度も耳鼻科に行ってました。
歌っていて、普段なら楽に出る高さが出ない。
がんばろうとして、体に力が入る、姿勢が崩れて行く・・・。

お医者さんでの診断はいつも同じ。。。「軽い風邪」。
でも、全然良くならない。
なんかおかしい、と思い、違う耳鼻科に行きました。
そうしたら、アレルギーの疑いがありますから、該当しそうなものをいくつかピックアップして、
検査しましょう。。。と。

で、結果は見事にヒノキアレルギーなことが判明。
わたし、花粉症の自覚なかったので、ちょっとショック

ま、体調コントロールの方法を見直すきっかけと受け止めて、色々工夫して乗り切ろうと思います。

この歌のように
どんな時でも、心も体も同じ状態を保てたらいいのにね。
物事は変わっていくのが常だから、仕方ないか・・・。

come rain or come.
雨が降っても、晴れようとも
僕は君を愛するよ・・・・。
他の誰かがかつてしたことのないやり方で、僕は君を愛するんだ・・・。

ジュリー・ロンドン。
Come Rain Or Come Shine/I Left My Heart In Sanfransisco

Bill Evans

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月12日 (火)

ライブ終わりました。そして、今の気分は・・・。

昨夜のラ・スイートでのライブ、無事終わりました。
おいでくださった皆様、
ご一緒いただいた皆様、
お店の方々、ありがとうございました

毎回そうなんですが、今回も課題をいろいろ見つけました。
クリアした、と思ってたことが再浮上・・・。
失敗までいかないですけど、
思ったとおりにハマらなかった箇所がありました。
うーむ
難しい。
前はできてたのに・・・。
何がいけないんだ(原因はぼんやりわかっている。。。)

といった感じで、今朝はかなりブルーになってたのです。
そのことが頭から離れない状態である勉強をしていると、ちょっとしたミスをしてしまいました・・・。
ああ
立ち直るのがさらに遠のいたかも。

しかし。
そのミスを見た大先輩からこんなお言葉が。

「失敗はいっぱいしたらいいよ。
そこから学べばいいんだから。」と。

いきなり目が輝いてしまった。(笑)
そうか、学ぼう、わたし。
何を学び、そこからどうするか、だ。
落ち込んだ分、まだまだ伸びるぞ。。。。

と思った瞬間、頭の中で鳴った音楽はbreakout。
久々です。
気合い入れよう、と思った時に聴きたくなります。
youtubeで探したら、こんなの見つけました。
ステキ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

6月11日のセットリスト

端正なピアノを弾かれる高岡さんとご一緒させていただきました。


1st SET

1.They Can't Take That Away From Me
2.So Nice
3.More Than You Know
4.East of the Sun
5.Night And Day


2nd set

1.Our Love Is Here To Stay
2.My Romance
3.This Can't Be Love
4.I Didn't Know That Time It Was
5.Close To You


3rd set

1.That Old Feeling
2.Speak Low
3.Teach Me Tonight
4.Day By Day
5.My Favorite Things


♪6/11(月)神戸ラ・スイート内 グラン・ブルー
♪住所:〒650-0042 神戸市中央区波止場町7-2
♪niko(vo)/高岡正人(pf)

20:00~/21:00~/22:00~の3ステージでした。
やはり声が出ない・・・。
5月から気になってたんだけど、声が出ません。泣
耳鼻科行ってきます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月10日 (日)

ラ・スイートにて歌います。

最近、ほぼ月一回のペースでラ・スイートさんで歌わせていただいています。
ブッキング担当の佐知子さんとは、長いおつきあい。
時間が許す限り覗いてくださるせいもあって、
なんだか行く度リラックスして歌わせていただいてます。

ここはほんとに美しい空間で、
ピアノも良い音色で響いています。
お酒もおいしいです。
。。。なのにリーズナブルなんです
毎日ライブをやっていますので、
わたしが出演してない日でも、是非一度足を運んでいただきたいなあ、と思うお店です。

ああ、そうそう、だから、わたしが歌うことをちゃんとアップしておかねば

♪6/11(月)神戸ラ・スイート内 グラン・ブルー
♪住所:〒650-0042 神戸市中央区波止場町7-2
♪niko(vo)/高岡正人(pf)

20:00~/21:00~/22:00~の3ステージ、
ミュージックチャージはお1人様 ¥1,000(¥1,155)です。


やっぱり、またブルーのドレスを着てしまいそうです・・・。
さ、今から明日の楽譜の準備

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 7日 (木)

それがすべてなんだ。

ここのところ、ジャズヴォーカルを始めた頃に知り合った方々とご一緒することが多いのです。
昨日参加したセッションでホストミュージシャンだったベーシストもそのうちの一人。
お話してて、時間の流れを感じてしまいました

そうそう、彼と初めて一緒に演奏したのはThat's Allでした。
ピアニストはEちゃんで、これまた昨年ばったり吹田ジャズフェスで出会って、そのまま一緒にライブを見に行ったのでした。
その時は、みんなでサラの歌うThat's Allを勉強しようと言って、まんまコピーしたのでした。
それがこれ。

難しかったなあ・・・。(遠い目)
今でも難しいと思うけど、当時はもっと必死で、こめかみに青筋立ててたと思います。
あまりの難しさに、その後この歌を引っ張り出すことはなかったほどです。

でも。
久々に歌ってみたくなりました。
うん。
今ならもう少し、力を抜いて歌える気がします。
Eちゃんのピアノでもう一回歌ってみたい
こんな感じで歌ったら、Eちゃんびっくりするかな。
とってもスイートな雰囲気ですよね。
よし、再度研究だ

そうそう、That's All は、「僕が君にしてあげられることはこれで全部なんだ」という内容です。
詳しくは、ここで訳しています。
ご興味があれば、覗いてくださいね。
そうか、あれは2006年。
6年前だったのか・・・。
えええ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 6日 (水)

夏が来る前に。

今日の大阪はとても蒸し暑い一日でした。
節電対策なのでしょうか、
エアコンが入っていない室内に一日いて、ぐったりしているnikoです
暑がりの寒がりなわたし、
今年の夏が来るまえにバテてしまいそうです・・・・。

体力つけよう
これもジャズヴォーカル修行の一環ですね。
ということで、ひとまず今朝は早起きして、
ラジオ体操なんぞやってみましたが、どうでしょう。
付け焼刃はだめですね、きっと。
続けることに意味があるのでしょうね。

こんな時は、素晴らしい歌に癒されましょう(笑)
ミシェル・ルグランの美しい曲The summer knowsをサラが歌っています。
出だしのビブラートのすばらしさったら
まるで蝶々が羽をふるわせているかのようです・・・。

そうそう、すっかり夏の装いのラ・スイートでまた歌います。

♪6/11(月)神戸ラ・スイート内 グラン・ブルー
♪住所:〒650-0042 神戸市中央区波止場町7-2
♪niko(vo)/高岡正人(pf)

20:00~/21:00~/22:00~の3ステージ、
ミュージックチャージはお1人様 ¥1,000(¥1,155)です。

テラスでのビアガーデンがとっても気持ち良さそうなのですが、
わたしはラウンジの中で歌っています

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 5日 (火)

神々の遊び・・・。

いつからか、気づけば朝は苦手になっていました。
目覚ましが鳴って、止めて、また鳴って、止めて・・・
4回目くらいにぶつぶつ言いながら、ようやく起きる感じ。
なもので、10分置きくらいにセットしてあります
朝が苦手と言いつつ、それでも少し早起きするようにしています。
なぜなら・・・短時間でも発声練習するのであります

さて、moanin'の歌詞はそんな内容で始まります。

毎朝、うめきながら起きるんだ。
ひとりぼっちで、憂鬱を嘆きながら。
みんな、俺がうなっていることを知ってるよ。。。

作詞はジョン・ヘンドリクス。
この人、ほんと天才だと思います
多くの器楽曲に歌詞を後からつけてるんだけど、どれもメロディや曲の雰囲気にぴったり
もちろん、自分でそれを歌っています。
スキャットも凄くて、もうわたしには「神々のあそび・・・」みたいに見えます。(笑)


これ、豪華キャストです。
ジョン・ヘンドリックスとアル・ジャロウの共演。
しかも昨年!!!!


ホセ・ジェイムズ。
偶然見つけました。
スムーズに歌うかと思えば、管楽器みたいにも歌う・・・。
聴いてて気持ちいいです
やっぱりスキャット、勉強しに行こうかなあ。。。


たまたま、日曜日のライブでお隣りに座った方から、
あるアニメの冒頭でmoanin'が流れていて、それがカッコいいんだ、
と教えてもらいました。
で、すごくヘンドリックスやアル・ジャロウのスキャットが聴きたくなったので、アップ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年6月 4日 (月)

自由自在に。

遅くなりましたが、先日のラ・スイートのライブにおいでくださった皆様、ありがとうございました
安次嶺さんのピアノの音色はもちろん、
お天気もよくて、とても気持ち良い夜でした。
わたしの歌も気持ちよく響いてたらいいな・・・。
意外なお客様もお見えになって、セット間は話が弾んだのでした。

ワタクシ的なことを言うと、少し自分の歌に変化が起きてる気がしました。
どんな変化かというのは言葉にするのが難しいんだけど。
変化に逆らわず、今出会ってるものを大事にしたいな、と思うのであります
そして、もっともっと自由に歌えるようになりたいな、と。

さて、水曜日にご一緒いただいた安次嶺さんのピアノをもっと聴きたくて、
今日は出演されているライブに出かけてきました。
久々の高麗橋、"Peggy sue"の地下酒場です。

名物のラーメン。
1338733708620.jpg

ジャズ×ランジェリーというイベントで、
ヴォーカリストさんは帽子風にアレンジされた下着をかぶっていらっしゃいます。
1338733712956.jpg

ベーシストの喜多さん
1338733774387.jpg

そして、安次嶺さん
1338733777732.jpg

大好きな曲、"Ladies in Mercedes"が聴けました。
他にも好きな曲がいっぱいあったし、ゲストシンガーもいて盛りだくさん。
楽しいライブでした(^_^)/。

"Ladies in Mercedes" オリジナルですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »