« 「あの日、パナマホテルで」 | トップページ | グラン・ブルー@神戸ラ・スイートでライブです。 »

2012年4月26日 (木)

ジャズのある場所。

時々行くカフェで。
たまたま隣りに座ったお姉さんと話をすることに。

わたしがジャズヴォーカリストと聴いて、お姉さんはこう言いました。
「ジャズねえ。。。」

あ。敷居高い感じですか?

「ううん、そうは思わないんだけど。
音楽は好きでほんとによく聞きに行くんです。
アコースティックなのが大好きで。
でも、なんというか、わたしが聴きに行く場所にはジャズがないの。
そこにジャズがあれば、聴くわ。」

ライブハウスではなくて、違う場所ってことですか?

「ううん、どこでもいいの。
たとえばこの間、神戸のライブハウス数軒が一緒になって開いたイベントがあったの。
20以上のバンドが出てきて、いろんなジャンルの音楽があって楽しかった。
でも、その中にジャズはなかった。
そこにジャズがあれば、聴くのに。
それから、わたしは生演奏をやっているカフェなんかもほんとによく行くの。
でも、そこでもジャズは聴いたことがないの。
カフェみたいな場所でももっとやればいいのに。」

実はやってるんだけどな。
わたしもそのカフェでライブしてるし。
でも、まだまだ他のジャンルの人に比べると少ないんだろうなあ。

ちょうど「あの日、パナマホテルで」を読んだばかり。
ジャズが生活に寄り添っている世界に感激した、と言いつつ、
わたしは自分勝手に音楽の領域をつくってしまってないだろうか?
自己満足な表現になってしまってないだろうか?
↑ここは線引きが難しいけど

なんてことを考える夜でした。

エラの歌う"HOW HIGH THE MOON"。
スキャットが痛快で、楽しくて、思わず大笑いしました。
ジャズを好きでない人に言わせると、「意味がわからない」そうです。
こういう意見が悲しくて仕方ない。
だけど、そこは個人の感性なので仕方ないのかしら。

|

« 「あの日、パナマホテルで」 | トップページ | グラン・ブルー@神戸ラ・スイートでライブです。 »

スタンダード・ジャズ」カテゴリの記事

コメント

まいど~ とらっす
エラはJAZZが苦手な俺も大好き!
この高揚感・緊張感・疾走感!

サイコーやん!!  なあ?  

=^・^=

投稿: とら | 2012年4月27日 (金) 04時21分

「憧れるけど近づけない」
多くの人にとってそんな感じなのかも
しれませんね、ジャズって。

すでにジャズが好きな人にとっては、
ジャズの聴き方や楽しみ方なんかは
理屈ではなくカラダに染み付いてる
かもしれないけど、
そうでない人にとっては、
ジャズって何から聴けばいいのか
見当がつかず途方にくれて離れていってしまう。
昔の僕がそうでした。


投稿: ゆずるっち | 2012年4月27日 (金) 11時42分

素晴らしい!歌の事はあんま分からないんですがトランペットのソロやと思って聴いたらすごいです。
僕はもともとポップスから音楽を始めた人なんで最初はジャズの良さが分からなかった人の一人です。だから僕はジャズが分からない人でも楽しめるようなジャズが出来たらいいなて思います。もちろんジャズが分かる人が聴いても満足できなければならないと思います。
そんなジャズのPOP化を目指してジャズ勉強中なんです。

投稿: たかみー | 2012年4月27日 (金) 21時36分

♪とらしゃん

そうそう!
それーーーー!
高揚感と疾走感、ドライブ感というか、
どんどんアクセル踏んでスピード上がってく感じ!
最高です

わかるも何もないぞー、って私は思います(^^♪。

投稿: niko | 2012年4月28日 (土) 16時47分

♪ゆずるっち

ああ、そうか~。
何から聴いたらいいかわからない、っていうのあるかもね。
ジャズについては一切迷うことなく、
好きなものにどんどんめぐりあえてるけど、
クラシックに置き換えたら、同じ状態になるわ、わたし。。。

「聴き方」を知らないと楽しめないのって、とっつきにくいよね。(>_<)
CD再販が乱発されてるのもあかんかもね。。。

投稿: niko | 2012年4月28日 (土) 16時51分

♪たかみー君

そうなんですよー。
エラのスキャットって、楽器に置き換えてもすごいんです。
器楽的っていうのかなあ。
正確なピッチコントロールができる人にだけ許される技です。(^^;;

ポップなジャズって、いいよね!!
難しいことやるのもいいけど、
誰が聴いても楽しめるのが理想です!

投稿: niko | 2012年4月28日 (土) 17時47分

> クラシックに置き換えたら、同じ状態になるわ、わたし。。。
クラシックと一口に言っても、
ルネサンスやバロックの古楽から
たぶんいちばん馴染みのあるロマン派、
ジャズの祖先みたいな印象派や
無調性な現代音楽まであるように、
ジャズもホント様々ですもんね。
(あえて羅列はしませんが^^;)

> 「聴き方」を知らないと楽しめないのって、とっつきにくいよね。(>_<)
好みや向き不向きってのはもちろんあると思うのですが、
たとえばマイルスの「枯葉」をこうやって楽しんでます、といった
具体的なアプローチの仕方(つまりは「聴き方」)を
上手く説明できる人が
ジャズ業界にはあまりいないよなぁ、
って僕は感じています。

ちなみに、オイラは学生時代に
オスカー・ピーターソンをジャケ買いした後に
ゴンサロ・ルバルカバに手を出して
大やけどしました(>_<)

投稿: ゆずるっち | 2012年4月29日 (日) 03時29分

♪ゆずるっち

そういえば、ジャズをもっとちゃんと聞きたいと思って、
「これを聴け!」みたいなタイトルの本を買いました。
わかりにくい、というか、
ジャズへの興味を却ってなくしてしまうような内容だったわ。。。(笑)

わたしは歌モノについては、ジャケ買いや
クレジット見て買った時は満足いく結果になってます。
期待を裏切られたのはね・・・。
今度会った時にでも。(笑)

投稿: niko | 2012年5月 1日 (火) 07時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ジャズのある場所。:

« 「あの日、パナマホテルで」 | トップページ | グラン・ブルー@神戸ラ・スイートでライブです。 »