« Get Happy! | トップページ | おいしい空気。 »

2012年4月 8日 (日)

今年の桜は

わたしの住むマンションの敷地内の桜です。

1333891922238.jpg

今年もとってもきれいに咲きました
ほんとにきれいなんです。
公園と違って、桜の木の下でお花見する人もいません。
越してきてすぐの年。
この桜の木の下に熟年のご夫婦が座っていました。
ご自宅から椅子を持ってきて、ただ座って静かにおしゃべりしている。
その様子がとってもステキでした
ああ~、わたしもあんなしみじみしたお花見したい。
それが無理なら、せめてあの木の下で女子会したい。(笑)

桜にちなんだスタンダード・ジャズがこの曲しか浮かびませんでした。
Poor Butterfly。

蝶々夫人のことです。
庭の桜の樹の下でちょこんと座って、帰らぬ人を待つ蝶々夫人。
二人は毎日桜の花の下で会っていた。
彼は誠実な人、必ず戻ってくる。
もし帰らぬことがあっても、わたしは泣いたりため息をついたりしない。
その時はただ命を絶つだけだわ・・・。
そんな歌です。
トニー・ベネットもシナトラも歌っていますが、
女性ヴォーカルの方がハマる気がするので、サラのバージョンをアップしました。

悲しい歌ですね
潔い所は桜の花の散る姿のようでもあります。

|

« Get Happy! | トップページ | おいしい空気。 »

スタンダード・ジャズ」カテゴリの記事

コメント

やっとゆっくりパソコンから音楽聴けました!
今回の日記、すごく気になってました
蝶々夫人てあのオペラにあるお話ですか?
あのお話がスタンダードジャズとしてあるならびっくりです
とても悲しいお話ですが、音楽(プッチーニ作曲やったかな)がとても素敵で、蝶々夫人のアリア「ある晴れた日に」とか大好きです

投稿: でこりーな | 2012年4月17日 (火) 14時19分

♪でこりーなさま(*^^)v

そう、あのお話です!
意外でしょ?
たぶん、オペラをミュージカルにリメイクしたんじゃないかなあ。
1916年に書かれたみたいです。
インストでピーターソンも演奏してますが、
こっちは軽妙というか、洒脱というか。
悲劇は感じないです・・・。^^;
http://www.youtube.com/watch?v=lQC27Bt8t-A


投稿: niko | 2012年4月17日 (火) 21時51分

ホントですね(笑)

でもピーターソンさんの明るくて聴いてると自然と身体を揺さぶりたくなる演奏がいいとこなのですが
悲劇も楽しくしちゃう そうや!人生楽しくいかな!
と、自分になぜか言い聞かせてる

おもしろい発見ありがとうございます♪
また、いろいろ教えてください

投稿: でこりーな | 2012年4月18日 (水) 09時26分

♪でこりーなさま(*^。^*)

スタンダードは演奏する人によって、
ずいぶん印象が変わるので、面白いですよね♪

歌は歌詞があるので、
時々それにしばられるというか、
その世界を大事にしてこそ歌のだいご味というか・・・
こうやって悲しく暗い歌を、カラリと演奏するのも結構好きなんだけどな。

投稿: niko | 2012年4月19日 (木) 12時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今年の桜は:

« Get Happy! | トップページ | おいしい空気。 »