« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

続けるということ

神戸ラ・スイートでのライブが終わりました。
宮下さんとのDUOでした。
終わって、じわじわと「あ〜、昨日はほんとにいい日だったなあ」と体中で感じてます。

わたしの好きな音でいっぱいでした
わたしがジャズヴォーカルを始めて間もないころ。
偶然、宮下さんのピアノを聴く機会がありました。
音楽がこんなに美しい世界をつくれるなんて。
いたく感激して、その後何度もライブに足を運びました。
その頃のわたし、ビギナーズラックというのかなんだかわかりませんが、美しい世界に立て続けに触れることができました。

その頃出会ったミュージシャンの方たちって、私にとってはアイドルみたいな存在なんです。
ライブに行ったり、CDをご本人から買ったりする時に話はできます。
セッションみたいな場所だと一緒に演奏できます。
でも、アイドルですから、ちょっと遠いんです。
「いつか、同じステージに立てたらいいなあ。
一緒に世界をつくる側に立てたらいいなあ。
・・・いつかね、いつか。
その日を夢見てがんばりましょう

その気持ちがあったから今日まで続けることができました。
そして、昨年の終盤からそのアイドルだった方達とご一緒する機会が・・・。

続けていて、よかった。

心の底からそう思います。
そして面白いのは、これをゴールではなく新たなスタートなんだと、考えているわたしがいること。

続けてみて、はじめてわかる、
続けたからこそ開ける新境地というのがあるんだな、と心からそう思っています。


くじけそうなときには、不思議と新しい出会いがありました。
その人達はわたしにそっと寄り添って、話を聴いてくれました。
それがあったから、続けてこれました。
ありがとう。
・・・と、出会ったすべてのものに感謝したくなるような昨日でした。

ということで今日の動画は、宮下博行さんのオリジナル曲です。

おやすみなさい
素敵な週末を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月30日 (金)

3月29日のセットリスト

そっと(笑)、先日のグラン・ブルーでのライブのセットリストをアップ・・・。

2012.03.29(木)
グラン・ブルー(神戸ラ・スイート内)

niko、宮下博行

<1s t set >
Instrumental :With The Flow of Time 

With Vocal
・That Old Feeling
・Teach Me Tonight
・My Funny Valentine
・No More Blues
・It's Too Late


<2nd set >
Instrumental :Looking for The Stars

With Vocal
・East Of The Sun
・Night And Day
・More Than You Know
・I Didn't Know What Time It Was
・My Favorite Things


<3rd set >
Instrumental :Sixth Sense

With Vocal
・They Can't Take That Away From Me
・You'd Be So Nice To Come Home To
・Goody Goody
・Day By Day
・If

instは、全て宮下さんのオリジナル曲です
どれも美しい曲ばかりで、お店の雰囲気にもぴったり
アレンジのリクエストにもビシバシ応えてくださった宮下さん
うれしくてとても楽しくてワクワクした時間でした。
またご一緒していただけるので、楽しみで仕方ないです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月28日 (水)

明日は神戸ラ・スイートで。

デート・・・ではありません

明日は神戸ラ・スイート内のバー、グラン・ブルーでライブです。
DUOです。
キラキラのピアノサウンド、宮下博行さんと初共演です。
北欧系なんて言う人も・・・。
ドキドキ

実は、宮下さんとお知り合いになってからは結構時間が経っています。
結構どころか、相当経っています。笑
CDも何枚か持っていまして、ハッキリ言ってわたしはかなりマニアな宮下ファンです。
これまで「聴く」ことで満足してたのですが、その音の輪の中に入りたくて仕方なくなりました。
ということで、3月・5月と宮下さんにピアノを弾いてくださるようお願いし、快諾してくださいました。
やったー!
楽しみで、もう今からワクワクしてます。

そうそう、明日は宮下さんの美しいオリジナル曲をソロピアノで聴けますよ!
だって、リクエストしたんだもん
いつもはトリオで演奏されてるので、ソロで聴けるのはレアです

よろしければ、おいでくださいね!

♪3/29(木)神戸ラ・スイート内 グラン・ブルー
♪住所:〒650-0042 神戸市中央区波止場町7-2
♪niko(vo)/宮下博行(pf)

20:00~/21:00~/22:00~の3ステージ、
ミュージックチャージはお1人様 ¥1,000(¥1,155)です。

超ワクワクしてきました
そうそう、5月は朝潮橋のピアノバーkiyomiです。
ツインボーカルでお届けします!
これもまた楽しみなんです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月27日 (火)

今年はシナトラ元年。

どうも今年はわたしにとってシナトラ元年になりそうなのです。
これまで聴いてたアルバムがハズレだったようです。

最近いいなあ、と思う曲の出自をたどると、
ことごとくシナトラに行き着くのです。
youtubeでいわゆる「全盛期」の頃の歌を聴くと、ほんといいなあと。
極めつけは先日来ブログに書いてたin the wee small hours of the morning。
完全にやられました。(笑)


Wrap Your Troubles In Dreams、これもいいです

で、思わずamazonでシナトラのCD3枚+DVD1枚をオトナ買い。
わたし、オトナでよかった。
画像はそのうちの2枚です。
もちろん現在、ヘビロテ中。

バラード中心の「ソングス・フォー・ヤング・ラヴァーズ」(1953年)とスイング中心の「スイング・イージー」(1954年)の両方が収録されています。
これぞスタンダード・ヴォーカル、と言われてるみたいです。
納得というか、知らなかった
ネルソン・リドルのアレンジがユニークです。


こちらもバラード主体。
アレンジはネルソン・リドル。
1955年に出たもの。

そのうち、シナトラ特集やろうっと
・・・と言いつつ、youtubeでシナトラ聴いてると、また違う音楽に出会い。
この世界にはなんとたくさん素敵な音楽があるのでしょう。
ああ、いくら時間があっても足りないのですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月26日 (月)

Flamingo

昨日、友達のライブで久々にFlamingoを聴きました。
マイナーな曲なんですけど、と曲紹介。
確かにイマドキあまり歌う人っていないよね、この歌。
わたしも一応レパートリーの一曲なのです。
とても美しいメロディなのですが、あまり知られてないだろう、と思いつつ練習してました。
それを聴いた私の母親がぽつり。
「懐かしい曲練習してるのね。」
私はビックリ。
聞けば、母が若いころは多くのビッグバンドがあちこちで演奏しててよく聞きに通ったとか。
母はアローズをよく聞きに行ってたそうです。
Flamingoはビッグバンドがよく演奏してたんだそう。


母が聴いたのはこんな感じだったのかな。


女性ボーカル版ではカーメンの歌うバージョンが一番好きなんだけど、
残念ながらyoutubeでは見つかりませんでした
こちらはアレンジが今風ですね。

どちらもバースが入ってないなあ。
バースもいいんだけど。
久々に歌ってみようかな

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月24日 (土)

雨上がりの土曜日。

大阪、雨上がりの土曜日です。

今週の水曜日は、久々にピアノのレッスンに行き、
木曜日は、マザーポップコーンのジャムセッションに参加してきました。
セッションではこれまた久々にラリー・ランサムのドラムで歌えました。
喜多さんのベース、
アラたんの独創的なピアノ、正一郎さんのギターもわたし的にはピッタリはまり、
teach me tonight は、ほんと心地よかったです
ずっとあの中にいたかったわ
ホストバンドのみなさま、ありがとうございました。
行本さんが写真撮ってくれてたので、もらえたらいいな。
オシゴト帰りなもので、スーツ姿で歌ってるレアな写真です。笑


一転して、今日はオシゴト
でも、終わったらヴォーカル仲間のライブに行く予定。
楽しみ
なので、がんばってきます


みなさまもステキな週末を

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月19日 (月)

In The Wee Small Hours Of The Morning

作曲: David Mann,
作詞: Bob Hilliard
勝手な訳:niko

午後の空高く、太陽が輝いている時、
君はいつもすることがいっぱいで忙しくしているね。
でも、夕暮れから夜明けまでの間
時計の針が進むにつれて、
何かが君に起きるんだ。

夜もふけてきて、
世界中がぐっすりと寝ているというのに
君は眠らずに、あの人のことを考えているんだね。
羊を数えて寝ようなんて、考えもしないんだろうね。

君の孤独な心は知っているんだ。
あの人から連絡さえ来たら、君たちはうまくいくのに。
夜もふけてきて、
君はたまらなくあの人のことを恋しく思うんだね。


久々に訳してみました。
ちゃんと意味を知りたかったので、バースも含めて。

you can always find something to do...
But from dusk til dawn as the clock ticks on
something happens to you.

それから、男女問わずに内容に入っていけるように
彼・彼女と訳さず「あの人」としてみました。
文法に忠実に訳すると、歌の雰囲気が損なわれると思ったので、
思い切って意訳しています。

歌い手はこの恋愛においては第三者。
ドラマのナレーターみたいな存在です。
「君」の友達かもしれないし、
もしかすると他の人からの連絡を心焦がれて待っている「君」に恋しているかもしれない。
いずれにしても、
「君」の恋は成就しないし、
今のところ、歌い手の気持ちも「君」には届いていない・・・。
切ない片思いの歌です。

昼間は平気だけど、夕闇と共に迫る想い・・・。
切ないなあ。
やっぱり、夜ってのは。。。

スティングがクリス・ボッティと共に演奏しているのを見つけました。
若いなあ、スティング

ステイシー・ケントは、途中からバースを歌うという変わったアレンジ。
2:37から始まります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月16日 (金)

in the wee...

東京に来ています。
ポケットにはiPod。
移動中も好きな音楽と一緒。

iPodに詰め込んでいる数々の曲は、もちろん好きな曲ばかり。
しかし、昨日はやられました。

飛行機の中でのこと
最近お気に入りの in the wee small hours of the morning が流れて来た瞬間、
突然涙があふれてきたのです
ああ、まずい
周りの人にばれないように拭っても、拭っても止まらない。
この曲で泣いたことなんてなかったのに。

この歌は愛する人のことを想いつつ夜を過ごし、眠れないまま明け方を迎えている、そんな状況。
なんだかねえ、すごくリアルにその時間帯の空気を感じてしまったんです
しかも突然に。
機内の薄暗さのせいなのかしら。
はたまた、空を飛ぶことで身体の中の感覚が揺さぶられたのかしら。
最初にこの歌を歌ったのは、シナトラなのかな。
ということで、シナトラの歌うin the wee small hours of the morning リンクしておきます。
相変わらず、iPadは埋め込みがうまくいきません。

で、わたしは地震のせいで明け方目を覚ましました
そのまま眠れず、朝を迎えたのですけどね。
色気が足りない。笑

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年3月11日 (日)

セットリスト@Lazy Angel

そっと(笑)、先日の西成Lazy Angelでのライブのセットリストあげておきます。

2012.03.10(土)
Live Bar Lazy Angel
住所:大阪市西成区萩之茶屋2-2-7


・Lullaby Of Bordland
・Night And Day
・Day By Day
・My Funny Valentine
・Smile
・It's Too Late
・East Of The Sun
・You'd Be So Nice To Come Home To


19:00~Nikita(niko&上田美保)、
20:00~ボブ浅野+Slowhand Blues Band(ギター弾き語り)、
21:00~すろけろ兄弟(blues) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月10日 (土)

西成lazy angelより生中継!

西成のlazy angelでのわたしたちNIKITAのライブ、
無事終わりました。
みなさまに盛り上げていただき、ありがとうございました!
あー、楽しい( ´ ▽ ` )ノ

ただいま、他の皆さんの演奏を楽しませてもらってます!
ここはね、お料理も美味しくて、やみつきになりそうです。

ゲストで入ってくださったスローハンド上田さんとNIKITAの2人。
1331379236045.jpg

ぐいぐい聴衆を引き込むボブ浅野さん。
刺激的!笑
1331379240186.jpg


| | コメント (2) | トラックバック (0)

本日は西成Lazy Angelでライブです。

3月も半ばに入ろうとしているのに、寒いですね
さて、今日は西成Lazy Angelでライブさせていただきます。
対バン形式で3バンド登場します。

少しでもあたたまっていただけるよう、心を込めて歌います。

本日のラインナップはこうなっているようです。
ニキータというのは、上田美保さんと私のユニット名です。
大好きな映画「ニキータ」からとりました。

19:00~ニキータ(niko&上田美保)、
20:00~ボブ浅野+Slowhand Blues Band(ギター弾き語り)、
21:00~すろけろ兄弟(blues) 

ミュージック・チャージ:¥1000-

Live Bar Lazy Angel
■住所:大阪市西成区萩之茶屋2-2-7
阪堺電気軌道 阪堺線 今池駅 下車すぐ
地下鉄 御堂筋線・堺筋線 動物園前駅(⑨番出口) 徒歩3分 
JR 新今宮駅 徒歩8分
☆道が不安な方は、お店に電話してみてください。
いろいろ案内をしてくださるようです。
かなり親切な案内、という噂です

■電話:06-7501-4841

Lazymap_2

■営業時間:18:00~22:30ラストオーダー

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 7日 (水)

君の瞳は。

頂き物のカファレルのチョコレート。
イタリアのブランドなんだとか。
一粒食べたら、包み紙の裏にメッセージが印刷されてました。

1330996366377.jpg

見えます?

Your eyes shine as the stars of the sky.

あなたの瞳は夜空の星のように輝いている、と書かれています。

別に私のことを知っててデザインされたわけじゃないんだけど、
茶目っ気があって、なんだかすごくハッピーな気持ちになりました

そういえば、この間写真スタジオで撮影してもらったポートレイト。
CG修正のせいか、全てに目に星が入ってたなあ。
少女漫画みたいで気恥ずかしかったです
そのポートレイトは某サイトに掲載されています。

ということで、星のような瞳、Star Eyes を。

アニタ・オディの歌うStar Eyes。


Sonny Stitt。
途中で拍手が入って、初めてライブだということを知りました。(笑)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 6日 (火)

神戸の夜は。

昨日は朝から雨。
幸い夕方には止んで、意気揚々と神戸元町まで出かけてきました。

indigo jam unitのツアーファイナルを聴きに行ってきました。
場所は神戸ラフレア
前からここでのライブ行きたかったんですが、ソールドアウトなことが多くて。
今回は予約が取れたんです。
・・・早めに行ったのに超満員
そして、まさかのスタンディング
一瞬ひるみましたが、もっと長時間の立ち仕事の経験があることを思い出しました。
1330996370583.jpg

結果、平気でした。(笑)
(終了直後はちょっと足痛かったけど。)
で、ライブはほんとに面白カッコよかった
なんだろう、言葉で説明できません。
炸裂・・・その一言。
大きいライブハウスもいいのですが、距離がとても近くて、音も良くて(ただし、爆音)。
あの空気感がいいんだなあ。
ソールドアウトになる理由がわかった気がしました。
なんだかすごくエネルギーもらったライブでした。
妙に晴れ晴れとしています

今週も張り切っていきましょう・・・な気分です。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年3月 2日 (金)

ワインもバラも準備中。

近頃のわたしは東へ行ったり、西へ行ったり。
ご当地の美味しいものなど食べて、それなりに楽しむポイント見つけてます。
そうそう、今年に入って導入したiPad!
これがとても役に立っています。
発声練習の音源を入れたので、
旅先のホテルの部屋で練習しやすくなりました!
ブラボー

さて、ここ2~3日のヘビーローテーションはThe Days of Wine and Roses。
昨年秋に買った宮下博行さんのCDに入ってたアレンジがとても好きで、ハマってしまいました。
それ以来、いろんなアレンジを探しては聴いています。
で、自分でも今アレンジ試み中です

これは、エヴァンスのThe Days of Wine and Roses

この演奏は、アルバム"Affinity"に収録されてます。
全編にトゥーツ・シールマンスのハーモニカが入っています。
一曲目からドラマティックなほど美しい音で始まります。
わたしのエヴァンスデビューはこのCDでした
誕生日プレゼントでいただいたということもあって、愛聴しています。


ピーターソンのThe Days of Wine and Rosesも好きなのだけど、
youtubeで音源を見つけることができませんでした
映画のストーリーとは正反対で、すごくハッピーな感じ


ワインとバラといえば、昨年開催したバラ園でワインを飲む宴を思い出すなあ~。
今年もやるぞ~

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »