« グラン・ブルーの片隅で。 | トップページ | おでんにあうBGM。 »

2012年2月 3日 (金)

男のジャズ&美女ジャズなるもの。

なかなか、旅の記録をアップできません

今日は森山威男カルテットを聴いてきました。
京都磔磔にて。
メンバーは森山威男(Ds),川嶋哲郎(Ts),加藤真一(Ba) 板橋文夫(P)
といった方々。(敬称略)
京都ブルーノートの50周年記念イベントでした。
お客さん、男の人ばっかり・・・。(笑)
演奏始まって、納得しました。
男のジャズ・・・ですね。
それ以外、なんと表現したら、いいのでしょ。
プロレスや格闘技みたいなジャズでした。
純粋に面白かったです。
森山さんがMCで板橋さんのことをこう言われてました。

鍵盤をグーで殴ったりしてて、
全くうまいのかなんだかわかんないけど、魅力があるんだ。
どこかきれいなメロディが流れてるんだよな。

私もそう思ってました。
不思議なんだけど、きれいな音なんです。
力任せのようでいて、そうじゃないんだろうな。
ほしい音を出すのに拳骨がよかった、ということなんだろうなあ。

森山さんとのじゃんけん大会もあって、本当に楽しみました
賞品はドラムスティック。
古い知人ともばったり出会ったし。
オープニングアクトのHARD & LOOSEも興味深く聴いてました。
充実の金曜の夜

そうそう、ライブ前にCDショップへ寄り道しました。
美女ジャズレーベル」なんてものがあると知って。ww
店員さんにどこにあるかを尋ねたら、ちょっと軽く笑われた。
いや、わたしはどんなレーベルなのか知りたかっただけなんだけど。
店員さんの説明によると、ジャケ写が美女なものを集めただけだとか。
入ったお店はあまり在庫がなかったので、結局好きなジャネット・サイデルを購入。
これはまだ持ってなかったので。


うーん、美女ジャズ。
結局謎のままだ。

|

« グラン・ブルーの片隅で。 | トップページ | おでんにあうBGM。 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

ジャケ買い用のレーベルでしょうかね?(*^m^)
ヴィーナスレコードもジャケットに美女多いですね♪

投稿: midori | 2012年2月 4日 (土) 07時30分

♪midoriさん

そういうことなのかなあ。(笑)
そういえば、美男子JAZZってのもありますね。
スイーツセレクションってタイトルだったので、
料理のレシピ本かと思いました・・・。

投稿: niko | 2012年2月 5日 (日) 14時43分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 男のジャズ&美女ジャズなるもの。:

« グラン・ブルーの片隅で。 | トップページ | おでんにあうBGM。 »