« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

名古屋で味噌煮込みうどん。

名古屋に来てます。
これから岐阜に行くのですが、その前に名物味噌煮込みうどん。

山本屋総本家です。
アツアツ(=^ェ^=)
味噌の味は好きだし、とても美味しいのですが、
この麺の硬さ。。。
関西人のわたしには衝撃!!
讃岐うどんの硬さともちょっと違うんだなあ。


1330482165007.jpg

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月27日 (月)

ピアノと体をメンテナンス。

昨日は午後からピアノの調律に来ていただきました。
そのために、もう朝からピアノの周りを大掃除
楽譜やら何やらが散乱してました。
ピアノもきれいに拭いて、調律師さんが来た時にはクタクタ。(笑)
日頃からちゃんと片付けておこうよ、わたし・・・。

調律終了後、お茶をお出しして少し雑談。
うちのピアノはオーストリアで設計されて、中国・日本で組み立てられました。
部品はとっても良いのだけど、組立てがちょっと甘いそうです。
良いピアノになるのに、少し時間がかかるかも、とのこと。
国産車でなく、ヨーロッパ車買ったようなものだと思ってください、と。
そのとおりです。(笑)
国産のピアノではなく、このピアノの佇まいと音が気に入って買ったのだから、
覚悟はできています。
(その割には安い買い物だったのだけど。)
今、ピアノはすごく引き締まった音をしています。
いっぱい練習したい
いいタイミングで調律に来てもらえました
防音対策で良いことを教えてもらったので、早く試したくて仕方ないです

調律の後は、ボーカル友達が出ているゴスペルのミニライブへ。
ゴスペルの曲って難しそう
その後、セッションが始まって、知った人たちが次々出てきました。
面白かったけど、楽譜チェックがあったので私は早抜け。

帰宅して、片づいた部屋、きれいに光っているピアノを見ると、何だかうれしい
わたし自身もスッキリしようと寝る前にストレッチなどしてみました。
寒さのせいで肩と背中が固まってたのですが、いい感じでほぐれてきてます。

動画は、昨日ススメテいただいたエディ・ヒギンズのBeautiful Love。
オススメのCDは、Amazonではえらく高額な値段でしたが、
HMVだと輸入CDディスカウントキャンペーン中で、安く買えました。
ついでに、ベニー・グリーンとビル・エヴァンスのソロピアノものも購入
ああ、届くのが楽しみです。

それにしても。
なんでこのお姉さんはランジェリー姿なのだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月24日 (金)

がぜんやる気。

先日聴いたPJⅢの弾き語りに触発されたわたし。
途中お酒を飲みすぎてダウン&落ち込んだ日がありましたが、
ピアノ練習への熱は上がったまま
・・・と言っても、たった一週間しか経ってないもんね

何がそんなによかったって、インストやったり歌ったり、と自由自在。
歌も自分の好きな曲を好きなようにアレンジして。
ほんとに自由でのびのびしてて。
窮屈に翼を折りたたんでいたんだけど、
実は自分次第で大きく広げられることに気づいた、そんな気分です。
おおげさに感じるかもしれないけど、
そのくらい迷いを感じてて、動けなかったのです。

ということで、One Day I'll Fly Awayです。
♪わたしはいつか空を飛ぶわ。
あなたの愛は昨日という過ぎた時間の中に置いていくの。

わたしは、レイラ・ハサウェイのバージョンが好きなのでこちらを

最近では、映画「ムーラン・ルージュ」でニコール・キッドマンが歌っていました。
フィギュアのキムヨナもこの曲で滑ってたかな・・・?
ちょっと意外な感じで、それも一緒にアップしようかと思ったけど、
やっぱりレイラ・ハサウェイだけにしときます。(笑)

それから、今強烈にソロピアノが聴きたくて、急きょCD購入。
モンクのThelonious Alone In San Franciscoです。
おなじみのBlue Monkや Ruby, My Dear は、ピアノだけで弾くとこうなるのか。
皆さま、お勧めのソロピアノのCDなどあれば、是非ともわたしに教えてくださいませ

PJⅢの演奏、また聴きに行こうっと
ということで、皆さま2月最後の週末を楽しんでくださいませ

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月20日 (月)

今年も高槻ジャズストに。

今年も高槻ジャズストリートで歌わせていただくことになりました。
ありがとうございます
ということで、ジャズストまでのライブのご案内です。
まだ増えそうなのですが、ひとまずジャズストあたりまで。。。

3/10(土)Lazy Angel
♪住所:大阪市西成区萩之茶屋2-2-7
♪niko(vo)/上田美保(pf)

3/29(木)神戸ラ・スイート内 グラン・ブルー
♪住所:〒650-0042 神戸市中央区波止場町7-2
♪niko(vo)/宮下博行(pf)


4/30(月・祝)神戸ラ・スイート内 グラン・ブルー
♪住所:〒650-0042 神戸市中央区波止場町7-2
♪niko(vo)/高岡正人(pf)


5/3(木・祝)高槻JK RUSH (高槻ジャズストリート)
♪住所:〒569-0803 高槻市高槻町13-10 B1F
♪niko(vo)/祖田修(pf)
今から既に大物飛び入りの予感・・。


5/10(木) ピアノバーkiyomi
♪住所:大阪市港区八幡屋1丁目3-17八幡屋レインボービル1F
♪niko(vo)/喜多美子(vo)/宮下博行(pf)
ヴォーカルが2人登場します


5/30(水)神戸ラ・スイート内 グラン・ブルー
♪住所:〒650-0042 神戸市中央区波止場町7-2
♪niko(vo)/安次嶺悟(pf)


6/11(月)神戸ラ・スイート内 グラン・ブルー
♪住所:〒650-0042 神戸市中央区波止場町7-2
♪niko(vo)/高岡正人(pf)


お時間ありましたら、是非お運びください


ただいまのヘビロテはthere will never be another you。
あなたのために歌いたい・・・。
今日も無理やり

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

ベンツに乗り損ねた。

週末は友達と食事。
その後、以前お世話になったPJⅢが出演している新地の外れのバーへ。
金曜日の夜だったせいか、超満員でした
PJⅢは、インストとピアノの弾き語りを絶妙なバランスとアレンジで弾いていました。
すごい素敵な歌とピアノなのに、ほとんどのお客さんはおしゃべりに夢中。
切なかったです。

わたしはPJの演奏にえらく刺激を受けてしまいました。
休日は隙間時間を見つけてはとにかくピアノ練習をしました。
遅々としてなかなか進まないけど、できる時にやっておかないと。。。
千里の道も一歩から
前回も書いたな。(笑)

さて、今日のタイトル。
今度あるピアニストの方とデュオ・ユニットを組むことになりました。
ユニット名をどうすると言われ、考えること一昼夜。
好きな曲のタイトルをいくつか提案したのですが、わかりにくい、とあえなく却下
その中のひとつがこれ。
"Ladies in Mercedes"
邦題は「メルセデス・ベンツに乗った貴婦人」。
これはなかなか歌詞がこじゃれています。
メルセデス・ベンツに乗った貴婦人のことを描写しています。
「お酒はベルモットを飲み、
クールに街中をメルセデスで走り抜け、
座っている姿はとってもかわいらしい。
フィオルッチのジーンズはいていて、
アクセサリーはどうも全部グッチらしい・・・」とか。
面白いのは、
「わたしは彼女みたいになりたいけど、
ママは、どうしたらそうなれるかは教えてくれなかった」、という部分。
私の女友達が似たようなこと言ってたなあ。。。(笑)

せめて、ユニット名だけでもベンツに乗りたかった・・・。(笑)
結局、好きな映画にちなんだ名前に落ち着きそうです。

まだまだ寒い日が続きそうです。
日本海側では大雪みたいですし。
どうぞ、みなさまあたたかくしてお過ごしください

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月17日 (金)

いつかどこかで。

昨日は一カ月ぶりの歌のレッスン。
まだまだなんだけど、
昨日は何かをつかみかけたような気がして・・・。
後半はもう時間のことも気にせず、
ピアニストの方に「もう一回お願いします。」「もう一回!!」
何度も何度もひたすら歌わせてもらいました。
歌の千本ノックか
嫌がられただろうなあ

でも、今の私は必死。
音楽でやりたいことが山ほどあるのです。
そのためにマスターしたいこともたくさん
いくら時間があっても足りない、とつい弱音を吐いてしまいそうですが、
「ひとつひとつやっていくしかないのだ
と自分を励ましています。
まさに、千里の道も一歩から

で、今朝ふと思いました。
南の島ハワイの旅日記はいつ書くんだろう。。。
向こうで出会った音楽のことも書きたいのにね。
そう思って写真の編集を今朝やってみたのですが・・・・、
写真データ誤って消したみたい

ショック。
一緒に行ったSachikoさんが、CDに落としてくれると言ってたからまだ救われてますが。
そんなこんなで、南の島旅日記はそのうちに。

いつかどこかで書くでしょう・・・。
と今日も無理やりなこじつけで、where or when。
歌詞の内容は
いつかどこかでこんな風に見つめあって話したことあるよね?
こんな風に会って、笑いあって、愛し合ったことがあるよね?
でも、それがいつどこでだったか思い出せないんだ。

オリジナルがどういう経緯だったのか調べてないのですが、
ナンパっぽいなあ・・・。

久々のダイアナ・クラールはやはりよいかも・・・。
コンサートに行った時のMCの態度があまり好きになれなくて、
一時遠のいてたのですけどね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月14日 (火)

光と影の2月14日。

無理やりなタイトル。(笑)

今日はバレンタインデーでしたね。
わたし、今日は関西の田舎の方のJR各駅列車に乗っていました。
時間は夕方。
女子高生の集団が乗ってきました。

・・・そして。
車内で一斉にチョコレートの交換が始まったのです
最近は男の子にあげないで、女の子同士で交換する「友チョコ」が主流らしい、
と聞いてたけど、すごかったです。
買ったもの、手作りなどなど・・・。
それも楽しいけど、男の子が少しかわいそう・・・
ほんとはバレンタインデーの歌じゃないんだけど、
まあ、お約束ということでMy Funny Valentineを。
大好きなチェット・ベイカーのライブバージョン。
サングラス姿は初めて見ました。
色々勘繰りたくなっちゃいます。ww


それから。
なぜ光と影かと言いますと。
今日ある方々と話をしていて、こんな話になりました。
物事は人によって受け取り方が違うよね、
どんな角度から見るかでも変わってくるよね、って。
光の当たっている部分を見るか、
影になっている部分を見るか、
その両方を見るか・・・・。
帰り道、薄いグレイな空の色を見てると、この歌が浮かんできました。
この人の声は深淵さを感じます。

いいなあ、としみじみしてたらアカペラバージョンも発見。
荘厳だ。
人の声ってすばらしい
・・・と思ってたら、途中からまさかのスイングな展開
びっくりしたぞ、 THE SINGERS UNLIMITED!

なにはともあれ、皆様Happy Valentine from niko

| | コメント (0) | トラックバック (0)

雨にぬれても。

今日、大阪は雨でした。
ちょっと冷えたなあ・・・
雨の日のお出かけは少し憂鬱ですが、
室内で過ごす雨の日は結構好きです。
窓越しに見る雨が好き・・・かな。

雨 が歌詞の中に出てくる曲も好きです。
最近すごく歌いたいのが、この"Raindrops Keep Falling On My Head"。
邦題は「雨にぬれても」。
映画「明日に向かって撃て」の主題歌だったそう。
日曜洋画劇場でこの映画見た記憶があるなあ。
衝撃のラストシーンだったような。
バート・バカラックの作曲、ハル・デヴィッドが作詞。
正直言うと、昔は「ベタな曲だ」、なんて思ってたんです
↑若くて、何もわかっていなかったんです。
若いって、時にハズカシイです。

この間、ふとこの曲が流れて来て、
突然歌詞の意味がわかってしまいました。

まったく、太陽が仕事をしないから雨が降るんだ。
おい、太陽、こんなやり方は好きじゃないよ。
太陽は寝てるみたいで、まだ雨は降り続いている。
でも、ひとつわかったことがあるんだ。
悲しみは俺を打ちのめすことなんてできないんだ。
憂鬱も長くは続かないさ。
幸せがやってくるまでのわずかな間のことなんだって。
涙は俺には似合わない。
もう、ぶつぶつ言って雨を止めろ、なんて言わないさ。
だって、俺は自由なんだ。
何一つ心配する必要なんてないんだよ。

シンプルだけど、しみじみといい歌です

オリジナルはB. J. Thomas。
ロック全盛の時に、久々に映画音楽でビルボード誌の年間1位になった曲だそう。


この雨にぬれてもをエラが歌うとこうなって・・・。

ディオンヌ・ワーウィックが歌うとこうなります。
さすが、バカラック作品をたくさん歌ってるだけあって、落ち着くのはわたしだけ・・・?

ディオンヌといえば、ホイットニー・ヒューストンとは親戚関係。
昨日ホイットニーの訃報のニュースが流れました。
改めて、ご冥福をお祈りします。
素敵な歌をありがとう

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月13日 (月)

チョコとピアノとビーフシチュー。

今日は一日、キッチンとピアノの前で過ごしました。
いろいろ聴きに行きたいライブなんかもあったんだけど
先週ケリーズにコンテローゼ、セッションと結構出かけたので、
今日はおうちにこもってました。(笑)

キッチンでは、久々に本格的な料理。
お菓子とビーフシチューをつくってました。
お菓子はこれ、チョコクランチです。
(写真は、メーカーのサイトにあったもの)
Choco
もう、めちゃくちゃ美味しかったです

バレンタインの前になると、いつも東急ハンズの製菓コーナーに行きます。
お菓子をつくるためのキットがすごい充実してるのです
焼き型や材料が全部セットになってて、簡単で、しかも美味しい・安い
いつもいくつかまとめ買いしておきます。(笑)

それから、すごくビーフシチューが食べたかったので、コトコト煮込みました。
デミグラスソースからつくる本格派・・・です。(汗)
料理し始めてしばらくはお肉(牛スネ肉)が硬いままで、仕上がりが少し心配でした。

しかし・・・
以前買ったビタクラフトのお鍋が大活躍!!
煮込みだして3時間経過した頃から、お肉はホロホロに。

わたしのは、ニューヨーク鍋という製品でお値段格安でした。

煮込んでる間に、ピアノの前に座ってこんな曲やあんな曲を採譜
↓こんな曲”save a prayer” DURAN2です。

こちらのアコースティックバージョンが好きなのだけど、リンクが貼れませんでした。
よかったら、覗いてください。

ついでに譜面の整理もずいぶんできました。
取り組みかけて放棄している曲をたくさん発見
ごめんなさい、大事にします・・・
音楽との出会いも、人との出会いも。

今日のブログの写真だけ見ると、ちょっとアンバランスだなあ。
わたしが「つくる」ということだけは一貫してるか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 7日 (火)

なじかは知らねど。

なぜかよくわからないんだけど、
ここ数日、眠くて仕方ないです。
眠りに落ちる前の瞬間が気持ちよくてどうしようもないです。(笑)
昨日寝る直前、ノラ・ジョーンズの"don't know why"のメロディが体のどこかで鳴ってました。

当然ながら、朝目覚めたらその感覚はどこかに行ってしまい・・・。

今日の午後、ふと"I'm in the mood for love"のラテン・リズム・バージョンを聴きたいな、と思って、見つけたのがこれ。
ブライアン・フェリーが歌っています。
花様年華の挿入曲だったみたい・・・。
映画観たのに、気づきませんでした。
マギー・チャンの着る美しいチャイナドレスにばっかり目を奪われてた記憶が・・・。

ブライアン・フェリーが歌うスタンダードジャズは、新鮮というか怪しいというか。(笑)
独特の雰囲気です。
私にとって、ブライアン・フェリーというとやっぱりこの曲。
More Than This。

あー、やっぱりこの声はこの曲よ、落ち着いたわ、なんて思ってたら、意外なもの見つけちゃいました。
ノラ・ジョーンズの歌うMore Than This。
ソロデビュー前の録音らしいです。
この声になごんでしまいます・・・。

そして、昨夜の"don't know why"が体で鳴ってた感覚を思いだしました。
同じ感覚が戻ってきました。
なぜ突然こんな感覚が出てきたのかなあ。
昨夜と今朝やった体と声帯のストレッチのせいかな?
それとも、寝てる時にすごく喉が渇いて仕方なかったから?(笑)
なぜかはわからないままもうすぐ今日が終わる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 5日 (日)

おでんにあうBGM。

寒いですね
今日テレビで、実は氷河期時代が近づいてるんだ、なんて説が紹介されていました。
どういうことだ。
温暖化じゃなかったのか
これはよくウォッチングしておかないと。

さて、今日はこれからヴォーカル友達と食事です。
その後、一緒にケリーズでライブ観戦。

お出かけの前に、おでんなんか仕込んでます。
明日食べるために
鍋底大根が美味しくなるから。

ということで、部屋の中はお出汁の香りでいっぱい。
BGMは、先日買ったジャネット・サイデル。
優しい歌声で、やっぱりいいなあ。
ジョー・チンダモのピアノもとっても美しい

と悦に入ってたら、音楽とお出汁の匂いに違和感
おでんと日本酒とジャズって合うと思ってたのに。(笑)
やっぱり、演歌や懐メロが合うんですかね。
ジャネットの歌声がだめなんですかね。
明日は、インストものでおでんにしてみよう。
あるいは部屋のインテリアのせいなのかな。
私の部屋がおでんに合わないのかも。

おでんはおでんで、ちょっと仕上がりのイメージが違う。
母のつくってくれるおでんがとっても美味しいので、
真似て手羽先で出汁をとってみました。
コクがあっていいのだけど、母の味とは微妙に違う・・・

・・・何をするにしても、修行中であることを感じる今日この頃
アドバイスくれる人々に感謝しつつ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月 3日 (金)

男のジャズ&美女ジャズなるもの。

なかなか、旅の記録をアップできません

今日は森山威男カルテットを聴いてきました。
京都磔磔にて。
メンバーは森山威男(Ds),川嶋哲郎(Ts),加藤真一(Ba) 板橋文夫(P)
といった方々。(敬称略)
京都ブルーノートの50周年記念イベントでした。
お客さん、男の人ばっかり・・・。(笑)
演奏始まって、納得しました。
男のジャズ・・・ですね。
それ以外、なんと表現したら、いいのでしょ。
プロレスや格闘技みたいなジャズでした。
純粋に面白かったです。
森山さんがMCで板橋さんのことをこう言われてました。

鍵盤をグーで殴ったりしてて、
全くうまいのかなんだかわかんないけど、魅力があるんだ。
どこかきれいなメロディが流れてるんだよな。

私もそう思ってました。
不思議なんだけど、きれいな音なんです。
力任せのようでいて、そうじゃないんだろうな。
ほしい音を出すのに拳骨がよかった、ということなんだろうなあ。

森山さんとのじゃんけん大会もあって、本当に楽しみました
賞品はドラムスティック。
古い知人ともばったり出会ったし。
オープニングアクトのHARD & LOOSEも興味深く聴いてました。
充実の金曜の夜

そうそう、ライブ前にCDショップへ寄り道しました。
美女ジャズレーベル」なんてものがあると知って。ww
店員さんにどこにあるかを尋ねたら、ちょっと軽く笑われた。
いや、わたしはどんなレーベルなのか知りたかっただけなんだけど。
店員さんの説明によると、ジャケ写が美女なものを集めただけだとか。
入ったお店はあまり在庫がなかったので、結局好きなジャネット・サイデルを購入。
これはまだ持ってなかったので。


うーん、美女ジャズ。
結局謎のままだ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年2月 2日 (木)

グラン・ブルーの片隅で。

グランブルーでのライブ、終わりました。
来てくださったお客様、ありがとうございました。
ジャズ好きの女性お二人がとても楽しそうに過ごしてくださっていました。
帰る間際に「がんばってください。」なんて声をかけていただいて、
もう、なんとも言えないありがたい気持ちでいっぱいです
もっともっといい歌が歌えるように、がんばります。

一昨日は、意外な曲がよくできてたり、
自信のあった曲が思った結果にならなかったり・・・。
そこがライブの面白い所でもあるのですが、反省しきり。
いずれにせよ、気を引き締めて、また日々精進します。

さて、ライブのセットの合間のこと。
グラン・ブルーのカウンターの端っこで、
ピアニストの高岡正人さんといろんな曲は楽譜の話をしていました。
わたし的にはとてもマニア?な話ができて、楽しかったです。
話の流れで出てきたのがこの曲。

「カーリーとキャロル」
カーリー・サイモンとキャロル・キングのことですね。
私がこの曲の存在を知ったのは、小学校5年生くらい、いや、中学生になってたのかなあ。
なんとカッコいい曲なんだ、と感動しました。
作曲したのは、エウミール・デオダート。
この動画では本人が演奏しています。

今聴いても、つくづくカッコいいわ
オルガンの音もこの曲もなんてクールなんでしょう
今日はこの冬一番の寒波だそうですが、
こんな曲でも聴いて、テンションも体温も上げたい気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年2月 1日 (水)

1月31日のライブ、セットリスト。

そっと(笑)、先日のグラン・ブルーでのライブのセットリストなんかをあげておきます。
実はこのセットリスト、自分が一番活用しています。
次に同じ方とご一緒する時に、見るんです。
「えーっと、前は何をどんな風にやったんだっけ?」なんて時に。(笑)

<1s t set >
Instrumental :Tea for two
It Might As Well Be Spring
With Vocal
・I'm In The Mood For Love
・When Sunny Gets Blue
・Smile
・This Can't Be Love
・You'd Be So Nice To Come Home To

<2nd set >
Instrumental
With Vocal
・That Old Feeling
・East Of The Sun
・Moon And Sand
・Day By Day
・My Favorite Things

<3rd set >
Instrumental
With Vocal
・They Can't Take That Away From Me
・I Didn't Know What Time It Was
・More Than You Know
・Night And Day
・If

次回、グラン・ブルーでのライブは3/29(木)です。
キラキラ北欧系なんて言われている宮下博行さんとです
お知りあいになってからは長いのですが、初共演
ドキドキ半分、冷や汗半分

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »