« 日曜の朝は。 | トップページ | クリスマス・ソングといえば。 »

2011年12月 5日 (月)

Someone To Light Up My Life

考えてみたら、スタンダード・ジャズのniko流訳、久々のアップです。
最近、この曲を聴くと涙が出て仕方ないです・・・。
友達に歌詞の内容と共に紹介したら、
「やっぱり、泣く」そうです。
そういうお年頃なのかもね。(笑)

Someone To Light Up My Life

作詞 Vinicius De Moraes
作曲 Antonio Carlos Jobin
勝手な訳 niko

あなたはあなたの道を行ってね。
雲ひとつない青空のもとを歩いて行って。
あなたの日々がすばらしい愛の歌となりますように。
腕を広げ、まだ見ぬ希望の歌を歌いつづけて。
その希望をずっと大事にして。
そして、穏やかにあなたの人生を生きて。

わたしは、この先どこであなたの代わりになるような愛を見つけることができるんだろう。
私の人生を照らしてくれる誰かを。
これまでと少し違ったやりかたをする誰か。
秋の霧のような青い瞳、
あなたのあの笑い方。
そして、私が知っているあの微笑みは絶えずわたしにつきまとい続ける。
だけど、星の瞬きの中に、
海鳥たちの飛翔にも
私はほんの一瞬、あなたの面影を見つけることができる。

だから、わたしはひとり歩き続けるの。
まだわたしの見知らぬ何か、
わたしの人生を照らしてくれる誰かをを探しながら。


いろんな人が歌っていますが、Sarahみたいなゆったりしたテンポで歌われると胸に迫ります。
ちなみに日曜の夜、聴きに行った中本マリさんのライブでは早い時間にこれが歌われました。
思わずハラハラと涙を落してしまいました。
アイメイクを少々濃いめにしてたもんで、
黒い涙になっていないか、そっちもハラハラしつつ。


あ。また新たな1週間が始まりましたね。
残り少ない2011年、素敵なことがありますように。
残り福っていうもんね

|

« 日曜の朝は。 | トップページ | クリスマス・ソングといえば。 »

スタンダード・ジャズ」カテゴリの記事

コメント

この歌知らなかったんですが、いい歌ですね。
nikoさんの訳は心にすっと入ってくるので好きです。
また楽しみにしています♪

投稿: midori | 2011年12月 6日 (火) 10時03分

♪midoriさん

ありがとうございます!
いい曲ですよね

英語をそのまま訳すと、妙な日本語になることが多いです。
できるだけ英語や曲の雰囲気を壊さないように、
なおかつ日本語としてもおかしくないように・・・・、
を心がけてます。
文法などを細かいこと言うと、ダメ訳かもしれないんですけどね。

投稿: niko | 2011年12月 6日 (火) 22時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Someone To Light Up My Life:

« 日曜の朝は。 | トップページ | クリスマス・ソングといえば。 »