« ほんとにヘビーローテーション。 | トップページ | うれしい! »

2011年7月26日 (火)

聖なる声 トリオ・メディイーヴァル で目が覚めた。

今朝、とっても美しい声で目が覚めました。
澄みきった声、ひたすら美しいハーモニー。
何か、自分まで澄んでいくような気分でした。
いつか生で聴いてみたいです。

その音楽を奏でていたのは、トリオ・メディイーヴァルというノルウェーのグループでした。
この間ノルウェーのヨイクの存在を知ってとても面白かったので、
今後も機会を見つけて聴いてみたいと思います。

・・・そしてノルウェーといえば、つい先日悲惨な事件が起きたばかり。
犠牲となった皆さまのご冥福を心よりお祈りいたします。


ノルウェー政府のHP(日本語)にトリオ・メディイーヴァルの詳細が出ていました。
そのまま掲載しておきます。


トリオ・メディイーヴァル・プロフィール
Anna Maria Friman アンナ・マリア・フリーマン
Linn Andrea Fuglseth リン・アンドレア・フールセット
Torumm Østrem Ossum トールン・オストレム・オッスム

1997年オスロで結成。
イギリスとフランスの中世ポリフォニー作品、現代曲、ノルウェーに伝わる中世のバラードと歌という、3つのレパートリーを軸として活動している。
このグループが古楽の作品に惹かれたきっかけはイギリスとドイツで開かれたヒリアード・サマー・フェスティヴァルだった。
まもなくリンダ・ハーストとジョン・ポッターの指導を受けた。
トリオ・メディイーヴァルはヨーロッパ、アメリカ、カナダで演奏を重ねている。
2001年10月、ECMレコードから発売された最初のCD、「Words of the Angel」はたちまち“ビルボード・トップ10・ベストセラーズ”に入り、02年4月のステレオファイル誌の「レコーディング・オヴ・ザ・マンス」に選ばれた。
04年1月、デビュー第2作「Soir dit-elle」が同じくECMレコードから発売されると、このCDも数週間、“ビルボード・トップ10”にランクされ続けた。
発売記念コンサートはノルウェー・テレビで収録され、04年5月に放送されている。
05年には、3枚目のCD「Stella Maris」が発売された。
05年のクリスマスに、ギャビン・ブライヤーズ、ロジャー・ヒートンとスウェーデン・テレビで共演。
06年6月、ハルスタッドでトルド・グスタフセン・トリオと世界初共演を行ない、トルドがイスラーム教神秘主義の詩人イェラルディン・ルミ(1207~73)の詩に曲をつけた「musical miniatures」を演奏した。
07年の夏、この2つのトリオはベルゲン音楽祭で再び共演。
トリオ・メディイーヴァルは2週間、この音楽祭の「アーチスト・イン・レジデンス」として遇された。
トリオ・メディイーヴァルはギャビン・ブライヤーズ、アイヴァン・ムーディ、韓国のスンギ・ホンら、多くの作曲家と組んで活動している。
07年に出された第4番目のCD「Folk Songs」は、グラミー賞にノミネートされた。

|

« ほんとにヘビーローテーション。 | トップページ | うれしい! »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 聖なる声 トリオ・メディイーヴァル で目が覚めた。:

« ほんとにヘビーローテーション。 | トップページ | うれしい! »