« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

ライブのお知らせ(3月)

めずらしく、1ヶ月で2回ライブやらせていただきます。
しかもどちらも私の思い出の土地・神戸。
グランブルーでご一緒する高岡さんとは知り合ってからずいぶんになりますが、
一緒にライブをするのは初めてです。
今からとっても楽しみです!

2011.3.26(土) 
神戸ねぎくら
チャージ ¥500
このチャージは阪神淡路大震災の復興に役立てるため寄付されます。
niko(vo)、新村智史(gt)、小場真由美(pf)


2011.3.31(木) 20:00~3セット。
ミュージックチャージ ¥1,000(¥1,155)
神戸ラ・スイート グランブルー
niko(vo)、高岡美登里(pf)、桑路康宏(b)
美しい空間で美味しいお酒と音楽を楽しんでください。
女性1人でも平気なお店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月27日 (日)

一匹オオカミ、大通りを歩く。

先日。
ヴォーカル仲間と電話で話してた時のこと。
※彼女の活躍ぶりを見ると「仲間」と言っていいかどうか。
先輩って言わなきゃいけないかも。汗。

歌の先生になんかつく気になりません、
とか色々批評されたり、叱られるような人と演奏するのも嫌です、
と言うヴォーカルの人多いよね。
・・・でも、それでは伸びないよね。
色々言われて、
自分で気づいて、
それで努力しないとだめなのよ、人間は。

激しく同意。
だから、彼女も私も先生について学んでいるのだ。
辛口コメントも受ける。
・・・とここまではよし。

その先。
彼女はある音楽家の団体に所属している。
自分1人で活動しているだけでは出会えない人・機会に恵まれるそうだ。
一匹オオカミでは限界あるよ。

ドキっ。
私は実は一匹オオカミ的姿勢をこよなく愛している。(苦笑)
彼女の言うことはとってもよくわかる。
一匹オオカミゆえの良さも悪さも実によくわかる。
なるほどな~。

ピアノの先生はこんな風に話してくれた。
「人とのつながりを強く持って、そういうのを増やしていって『面』で演奏活動(仕事)する人もいる。
そういうやり方もある。
一方で、『点』をあっちこっちにたくさん持って、
その時その時でやっていくというやり方もある。
これはこれで面白いねん。
いろんな組み合わせでがらっと雰囲気変わったりして。
進め方は違うけど、どっちでもいいねん。」

一匹オオカミというと、様々なイメージ持っちゃうと思うけど
私は後者の『点』派に近い気がするな~。
点なら点で、あちらこちらに点を刻みに行こう。
そう思う2月最後の日曜日。(^^)/

孤高という言葉がぴったりくるのは、ピリー・ホリディ。
On the sunny side of the street 
陽のあたる明るい大通りなのに、ブルージー過ぎる・・・・。(笑)
やられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月26日 (土)

楽譜たち。

先日。
歌の先生の楽譜を見る機会がありました。
黒のファイルに収められていて、手書き。
歌詞は入ってなかった。
万年筆で書かれてるのかなあ。
なんとも味のある音譜たちでした。
30年近く持って歩いているそうで、
紙は年季が入った色合いをしていました。
破れた個所は、テープで修正されていて、
大事に大事に扱ってきたことが一目でわかりました。


一方。
わたしの楽譜はほとんどPCで作成。
これは、転調・移調が楽なのと、
歌詞を入れるスペースをつくりやすいという理由から。
印刷が楽なもので、すぐ印刷しちゃう。
結果、不要な楽譜をつくってしまうこともしばしば。
これは果たしてどうなのだろう。
楽譜を粗末に扱っていないだろうか。

なんてことを反省したので、
古い楽譜の修正や整理を始めています。
ぼちぼちと・・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月25日 (金)

金曜の夜は。

なんとなく、やっぱりお出かけしたくなります。


約束がなくってもね。


週末の前の日は、
街がそわそわしている気がします。


今日は2月25日の金曜日。
こちらは、13日の金曜日。
モンクとソニー・ロリンズの競演です。

リイシュー版です。
同じジャケットでも発売された年によって
印刷の色加減が微妙に違うのが残念。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月24日 (木)

今年の高槻ジャズストリートは。

はあ~。
高槻ジャズストリートの出演募集が全部終わりましたね。
皆さま、お疲れさまでした。
このイベントは一部の出演枠は事務局が指定するのですが、
それ以外は公募形式なのです。
事務局から提示された出演枠にミュージシャンがエントリーして、
応募多数の場合は抽選・・・。
年々エントリーする人が増えて、なかなか大変です。
だって、みんな演奏したい時間帯・場所って同じなんだもの・・・。
今年は約460の演奏枠に対して1755もの応募があったそうです。

で、私はと言うと。
いつもお世話になっているYukiさんが私を含めたトリオでエントリーしてくださったものが1つ。
Y.S.Nトリオといいます。
そちらは抽選に当たりました。
5/3(火)20:00~ ファイブプラザ4Fです。
大御所(行本清喜氏・祖田修氏)の中に混ぜていただくので、今から気合入ってます
いい歌をお届けできるよう、がんばります。
是非おいでくださいね

そして、自分が代表でエントリーしたバンドが3つ。
全部ハズレマシタ。
これがかなりショック
くじ運はいいのに・・・・。
一緒にやりましょう、と快諾くださったメンバーに申し訳ない気持ちでいっぱい。
私なんかよりずっとキャリアの長い先輩方だったんです。
その気持ちに答えるべく、何かリベンジ策を考えるぞ

ささやかなnikoの夢。
で、こちらはNicaの夢。


うーむ。
before&afterみたいになってしまった。
上のyoutube画像は2010年のDee Dee。迫力。
アルバムジャケットは1995年のDee Dee。
迫力よりキレイなイメージですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月23日 (水)

西湖龍井茶の午後。

先日。
美香茶館(めいしんちゃかん と読みます。)という中国茶の美味しいお店に行ってきました。
お店を手伝っているYさんに教えてもらったのです。

わたしはかなりのお茶好き。
紅茶、日本茶、烏龍茶。
台湾に旅行してからは、烏龍茶の種類の豊富さと美味しさにノックアウトされました。
でも、あんな風な飲み方、日本ではなかなかできない。
美味しいお茶も手に入りにくいし・・・・。
お店のママさんに自分の好み(私は烏龍茶の緑茶が好き)を伝えて、選んでもらいました。
それがこのお茶。

Tea_4

西湖龍井茶。
さいころんじんちゃ と読みます。
西湖あたりで取れるんだって。
びっくりしたのは、写真のようにガラスのコップで淹れてくださったこと。
緑茶は茶葉の色や動きを楽しむために、こんな淹れ方をするんだそう。
茶葉が沈むのを待って、ゆっくり味わいます。
美味しかった~。
冷めても美味しいの。

で、お茶を飲みながら、お店に来た人達と楽器を演奏したり、歌を歌ったり。
楽しかったです。
なんだか、心の奥の方で温かいものが動いた気がしました。
また行こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ライブでお出ししたワインリスト。

February JAZZ Night at Gazeboで大好評だったワイン達。
北浜のワインLOVERS御用達のグレコの店長さんにお願いして、選んでいただきました。

自分の記録用にブログにアップしておきます。

春を待ちながらカフェで飲むワイン特集。
すべて2009年産(グッドヴィンテージ)ばかり!!

◆白(フランス)
レ・ウ゛ァンダンジュ・デュ・ドメーヌ・ロジエ ウ゛ィオニエ
まさに春のイメージの鉄板白ワイン。
羽衣ジャスミンのような香りをお楽しみください。
ミネルヴォア注目の若手生産者、シャトー・ド・リューが造る芳醇なヴィオニエ。ぶどう本来のふくよかさを出す為、一部新樽発酵、シュールリーで時間をかけて旨みを引出します。

◆ロゼ(フランス)
キュウ゛ェ・マリー・クリスティーヌ プロウ゛ァンス ロゼ
生命力のある酒質。春から一気に夏が待ち遠しくなってしまいます・・・。
南仏の代表的な避暑地ニースの近郊で造られる辛口のロゼ。
スッキリとした口当たりが特徴で、幅広い料理にマッチします。

◆赤の微発泡(イタリア)
コンチェルト ランブルスコ レッジアーノ セッコ
カツサンドに最適(自信あり)!
ヴェネチアらしい優雅さとフレッシュブルーベリー、カシスなどのベリー系の新鮮果実溢れるアロマ。
優しい泡立ちと共に果実味と乳酸系のふくよかな風味が口に広がり、程よいタンニンと良いバランスです。

◆赤のミディアム(イタリア)
サンアントニオ ウ゛ァルポリチェッラ
ヴェネトらしいゆったり感。優雅さ。
黒果実でもカシスやブルーベリーのフレッシュさとフルーティな香りが特徴。杉のような清涼感もあり、ふくよかな果実の広がりと旨みを感じます。
そして、舌触りはしっとり・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月22日 (火)

February JAZZ Night at Gazeboが終わりました。

遅まきながら、先日のライブ終了のご報告。
当日は寒い中、多くの方においでいただき、誠にありがとうございました。
遠くから、また忙しい合間を縫って来ていただき、もう言葉になりませんでした。

今回初の試みだったワインとのコラボレーション(?)も大好評。
喜んでいただき、ほんとによかったです。
今回の経験で、私は自分が音楽的に何を志向しているのかはっきしました。
やっぱりジャズが好き。
それもド・スタンダードが好きです。
もっとお客さんに密着するような音楽をしたい。
互いの「息遣い」が感じられるようなライブをしたい。
・・・ということで、さらに精進したいと思います。


当日のセットリストです。

<1st set>
・Warm up blues 
・Fly Me to the Moon
・My Funny Valentine
・The Days wine and Roses (インスト)
・Akone Together (インスト)
・Do What You Like 勝手にしなよ
・You'd Be So Nice To Come Home To

<2nd set>
・Footprints (インスト)
・I Wish you Love
・East Of the Sun
・More Than You Know 
・Day By Day
・My Ever Changing Moods 

<アンコール>
・When Lights Are Low

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »