« 桜 | トップページ | Twilight LIVEのお知らせ »

2007年2月25日 (日)

明日があるさ

昨日のパーティーは「明日があるさ」を皆で歌って、お開きになった。
「上を向いて歩こう」を歌った時もそうだったのだけど、八大メロディーって歌詞・メロディの良さがあいまって途中で泣けてくる。
明日があるさ、は先日亡くなった青島幸男氏作詞。
「僕には夢がある、
いつかはわかってもらえるさ、
明日があるよ」
というご存知の内容。
裏返すと、今日という日はその夢をわかってもらえず不本意に終わったということで。
明日に望みをつなげる人は夢がある人・若い人だけなのだろうか、なんてことも考えたりして。(笑)

でかける前に見た、NHKの連続テレビ小説「芋たこなんきん」のせいかも。
ヒロインの母親が
「お母ちゃんにかて未来がある、好きにさせて」
と言って、周りをびっくりさせたり、感心させるのだ。
香川京子演じるこのお母ちゃんは、なかなかやる。
いまどき趣味に生きがいを感じる熟年層は多いけど、あの年齢(推定65歳)で「未来がある」と言えるのはすごい。
そういえば、先日テレビで北村英治氏が
「ようやくちょっと音楽が何かわかってきました。でもまだまだこれから。明日はもう少し上手になるかな、と思いながらやってます。」
と話してて、驚いた。
年を重ねて、どこで何をやっていようとも、そういう姿勢でいたいなあ。

|

« 桜 | トップページ | Twilight LIVEのお知らせ »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 明日があるさ:

« 桜 | トップページ | Twilight LIVEのお知らせ »