« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 山代温泉・金沢 その2 »

2007年1月 8日 (月)

山代温泉・金沢 その1

トンネルを抜けると・・・、ほんとに雪国でした。

Raicho雷鳥に乗って、山代温泉に行ってきました。
この季節、この路線はとても混むらしく、サンダーバードは予約取れず。
雷鳥も希望してた時間帯は満席で、午後からゆっくり出かけました。
宿も本来希望してた所は取れなかったのだけど、旅行社のお姉さんが色々提案&交渉してくれて、今回の温泉行きが実現しました。
何気ない会話から私のニーズをキャッチするお姉さん、まさにプロ。
旅への期待が膨らむし、次もお姉さんを指名したくなるほど。
お姉さんのおかげで旅に目覚めそうです。

さて、雷鳥から見える景色を楽しんでいるうちに、加賀温泉に到着。
私は乗り物好きなのです。
小さな駅に、お客さんがどっと降ります。
駅には旅館のお迎えの人がたくさん。
こういうの久しぶりー。
ワクワクして、自分たちの旅館の人を見つけて駆け寄ったけど、名前だけ確認したら後はおじさん無言。^^;
2時間ドラマの温泉女将シリーズとはちょっと違う。あたりまえか。

旅館に到着してから少し時間があったので、温泉街散策。
山代温泉は、北大路魯山人ゆかりの地だそう。
この地に来て、陶芸を始めるきっかけを得たのだとか。
一時滞在していた家が残っていて、中を見ることができるというので行ってきました。(写真は外観)
特に魯山人を敬愛しているわけでも何でもないのだけど、色々こだわった人の家ってどんなのかなあ、と興味シンシン。

Rosanjin感想:おばあちゃんの家みたい。昔の日本人は皆こんな家に住んでたはずだー。
シンプルだけど、縁側から庭の四季を眺めることができる生活っていうのはとても心を豊かにしてくれるだろうな。
その庭が見える場所に座ると、九谷焼きの器に入った加賀棒茶と和菓子を持ってきてくれるのです。
加賀棒茶なんて初めて知ったし、初めて飲んだ。(ほうじ茶です)
贅沢なお茶を楽しませてもらいました。
今回の旅行の中でこのひとときが一番印象に残っているかも。
こんな家に住みたいぞー。
よその旅館の温泉にも入っていいというので、自分たちが泊まっている旅館よりきれいな所へ。(笑)

山代温泉のお湯はとても良かったです。
さらっとしてたし、寒い日だったので露天風呂に長時間入れました。
おかげでお肌しっとり、もっちり。
温泉はこうでないと。
料理もあらかじめお願いしておいて、メニューのアレンジをしてもらったので全部食べられたし。
好き嫌いはないのだけど、普通のメニューではおそらく食べきれないか「○○づくし」過ぎて飽きると思われたので。
これは、冒頭のお姉さんのお仕事の成果です。拍手。
こうやって全て順調に一日目を終えた、と思ったのですが・・・。(つづく)

|

« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 山代温泉・金沢 その2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

「雷鳥」と「サンダーバード」って別物なの?
実質、同じやないの。
温泉に誰と行ったの?
などと野暮なことは聞きません。

投稿: ISSI | 2007年1月 9日 (火) 12時31分

♪ISSI殿

あはは、サンダーバード、雷の鳥、雷鳥、ほんまや。
JR西日本は、何考えて命名したんやろね。
サンダーバードの方が車両は新しい、きれい、目的地に早く着く・・・一応違いはあるんやけどなあー。

投稿: NIKO | 2007年1月 9日 (火) 22時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山代温泉・金沢 その1:

« 今年もよろしくお願いします | トップページ | 山代温泉・金沢 その2 »