« 「五線譜のラブレター」 | トップページ | ことば »

2006年6月29日 (木)

Night And Day

作詞作曲:C.Porter
勝手な訳:NIKO

夜も昼も
君のことばかり
月明かりの下でも、まぶしく輝く太陽の光の下でも君のことしか見えない
僕の近くにいようと遠く離れていようと問題じゃない
君がどこにいても、ただ君のことを考えている
夜も昼も

夜も昼も
いったいなぜなんだろう
僕がどこへ行こうと、君を求めるこの気持ちがつきまとう
車と人の雑踏の中にいても、ひとりきりの部屋で静寂に包まれていても
ただ君のことを考えている
夜も昼も

夜も昼も
僕の体の中には、まるで飢えているかのように君を求める気持ちが燃え上がる
君を愛することに僕の人生を費やしたいんだ、
僕がそうすることを君が許してくれない限り、この苦しみは終わることなんかないんだよ
夜も昼も
昼も夜も


・・・熱烈なラブ・ソング。
私にとっては、非常に思い出深いこの一曲。
ジャズを歌ってみたい、と思ったのはエラのNight and Dayを聴いてから。
映画「五線譜のラブレター」ではテーマの如く終始流れていました。
『音の高低差が激しくて難しい、こんなの歌えない。』
劇中劇で歌う男優がそう訴えてました。良かった、私と同じだ。(笑)
それに対するコールのアドバイス。
「メロディのことは考えるな。ただ歌詞の内容を考えて歌え。」
なるほどねえ、それ聞いて、ますますこの曲が好きになりました。

本番を迎え、コールのそのアドバイスを受けた男優は見事に歌います。
そして、コール(バイセクシュアル)への尊敬が愛に変わり、二人はラブラブに。
ああ、せっかくの歌のイメージが・・・。
実話なんだから、困ったもんです。
映画は忘れて、自分のイメージに置き換えるしかない・・・。^_^;

|

« 「五線譜のラブレター」 | トップページ | ことば »

スタンダード・ジャズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Night And Day:

« 「五線譜のラブレター」 | トップページ | ことば »