« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月

2006年4月22日 (土)

5月28日(日)@難波845

ライブ情報です。(詳細が決まったので、再掲します。)
ジャズ好きな方・ジャズをよく知らない方でも気軽に楽しんで頂けるイベントです。
是非遊びに来てください。(^^)/~~~

♪日時:2006.05.28(日) 19:00~
♪イベント名:Singers Showcase Vol.12 
♪出演者:小島 紗和子・NIKO・畠山 治子・Chica(順不同)
赤松 真理(P)・浦田 和史(B)
♪チャージ:¥1,000+ドリンク代
♪場所:JAZZ SPOT845
大阪市浪速区元町1-1-20 新賑橋ビル地下
TEL 06-6633-6288
ナンバウォーク西1番出口上がってスグ
(地下鉄四つ橋線難波駅北出口。ブックファーストのウラの階段上がって下さい。)

Singers Showcaseのタイトルどおり4名のボーカリストが登場します。
15分という短い時間ですが、私の世界を覗きに来て下さればうれしいです。
(↑おお、書いていてフィギュアの村主章枝の気分。)

このサイトをご覧になってご来場される方がいらしたら、声をかけて下さいね!

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2006年4月18日 (火)

明日は休み・・・(?)

風邪がすっきりせず、ずっと鼻声のまま。
そのくせ西天満に新しくできたジャズバーでお酒をずいぶんごちそうになってしまった。
「あちらのお客様からです。」
・・・というおしゃれなのではなくて、
「明日は休みやし、まあまあ(一杯)・・・。」
というオヤジな展開。
休みなわけないけど、みんなこういうせりふ好きですねー。(笑)
アルコールのせいで、首から上は熱があるみたいにぼーっとしている。

今日はそのお店で、ボーカルセッションがあったのだ。
前から一度行ってみようと思ってたら、「あそこいいですよ」との口コミ情報。
では、と早速行ってみたら、空いていて5曲も歌わせてもらった。
ボーカルセッションであっても、それだけ歌わせてもらえることがまず滅多にない。
また、よそのボーカルセッションではあまり出会わないような、かなり個性的(いい意味で)な方が多くて楽しかった。
男性ボーカルが3名もいたことも珍しく、またそれぞれがとっても良かった。
帰りがけに普段何を聞いているか、洋服はどこで買うかなどいろいろ質問してしまった。↑歌に関係なさそうで関係大あり。ジュリーかと思ったもん。
思いがけず、知り合いのエツさんにも出会った。
先日CATで知り合ったエミさんと村松さんとあーだこーだ言いながら歌い、お酒を飲み、話をした。
楽しいなあ。かなりアルコールが回っているからか、様々なギャグに反応できたりできなかったり。
肝心の歌は・・・反省点多し。勉強になりました。^_^;

明日(もう今日ね)が本当に休みならいいのに・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月13日 (木)

フレディ・コール@BLUENOTE大阪

昨日はフレディ・コール・クアルテットを聴きにブルーノート大阪へ。
フレディ・コールは、あのナット・キング・コールの実弟。
声はやはりお兄さんによく似ている。

ちょっと悲しいライブだった。
スタンダードナンバーが淡々と演奏されていく。
何曲も何曲も流れ作業のごとく。
自分が歌いたいとか好きという気持ちは感じられず、客ウケする曲がジュークボックスのように流されていく。
時折、ある曲でひときわ大きな拍手が送られる。
それはお兄さんの代表曲。
途中でわかった。
観客のほとんどがお兄さんの面影を求めて来ているのだ。
フレディは、お兄さんと違ってコンテンポラリーな曲やラテン調など幅広く歌えるからいいのに。
ブラック・コンテンポラリーな曲のほうが温かい声と黒人独特のフレージングでおしゃれな感じすらする。
流しに流したステージの締めくくりは唯一オリジナル曲のブルース。
これがまた悲しい歌詞内容。
「俺の名前は、フレディ。
有名な兄貴がいるけど、俺は俺。
スイート・ロレインやアンフォゲッタブル、モナ・リサも歌うさ、
だけど俺は俺。」
わかってるっちゅうねん。(怒)
それやったら、お兄ちゃんのコピーみたいな選曲やめたら?
私はあなたの歌を聴きに来てるのよ。と思わず叫びそうになりました。
お兄ちゃんのコピーを求められ続けた結果、こうなったのかなあ。
ああ、血のつながりって・・・。

アンコールは、私の好きなコンテンポラリーの曲をラテンのリズムで。
これを最初から聴きたかったのに!

(-_-;)な表情のまま相方と軽い食事をして帰宅。

Pht0604121759

♪いかなごの釘煮をもらった。
そうか、そんな季節なんだ。いつももらってばかりだから、今年は自分でもつくってみよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

大阪環状線B級グルメツアー(大阪城公園~京橋編)

昨日は、環状線B級グルメツアー第1弾ということで大阪城公園~京橋へ。
天気もよく、お花見日和で大阪城公園は人・人・人。

そこから住宅街のほうへ行き、まずはお好み焼。関西人ですから。
Photo以前テレビで紹介されていた「ふみちゃん」 。
3人で豚玉・モダン・すじポッカ(味付けしたすじ肉と葱を炒めたもの)を注文。
お好みはふんわりしてているし、このすじポッカの美味しいこと!
すじを煮込んだものってたいてい濃い味付けなのに、塩味とにんにくだけであっさり。塩加減が絶妙。
なんでこんなに繊細な味付けできるのー?
Sujipokka
さて、2軒目はそのご近所の喫茶店「花水木」でケーキセット。
普通のお家の1階部分を喫茶にしてるのですが、うまく改装されていて妙に落ち着きました。
とある「秘儀」を伝授してもらいつつ、甘さ控えめのケーキを頂きました。
それから、花見をしなくては、と大阪城公園内を散策。
ほんとうに満開の桜。
桜は、とてもパワーのある樹木である、と聞いて3人交互に桜に抱きついてみる。
Sakura 変な人達。(笑)

大阪城公園から京橋に抜けて、3軒目はたこ焼きダイニング・くれおーる。
ここも以前テレビで紹介されていたお店。
普通のたこ焼き2種とくれおーる焼き(豚とキムチ入り)を食べました。
生地がもっちりしていて、ソースもスパイシー。
そこから、また喫茶店でお茶。
私はモラの実(モラって何?)をつぶしてできるジュースを注文。
常連ばかりの店の中で異質な3人組。
今日はそんな店ばっかり。(笑)
ここで終わるかと思いきや、ホテル京阪近くのショットバー「GIRAFFE」(5軒目)へ。
本当に解散か、というところで〆が必要という結論になり、6軒目の京橋浪花でうどん。(笑)
あのー、実はこのうどん、私の胃袋的にはかなり限界でした。
二人はそれにおにぎりつけてたなあー。健啖家ってこのことかあ。
尊敬します。次回鶴橋開催に向けて、胃袋強化します。(どうやって?)

それにしても、総額3500円程でこんなに美味しいものをたくさん食べられるなんて。
B級グルメばんざーい!

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月 8日 (土)

スタジオセッション

昨日は新大阪のCATWALKというスタジオが主催するセッションに参加。
スタジオのオーナーらしき人が全てを仕切ってくれて、とてもスムーズな進行でした。
ここは、事前に参加を申し込んで、各パート先着3名までというルールがあるのです。
・・・と言うのは案外口先だけではないか、と思っていましたが、前回申し込んだ時は既に定員で本当に断られました。(笑)
昨日の参加者は、ドラム3名・ギター3名・ベース1名・ピアノ1名・ボーカル2名・管楽器2名の計12名。
ベースとピアノのお2人は何が来ようと演奏せざるを得ない、という状況。
途中、休憩時間というのが設けられて、ロビーで飲み物が出されました。
ピアノの方と話しながらお茶していると、待ってましたとという感じでスーツ姿のお兄ちゃんが宣伝を始めました。
どうも音楽系サイトを運営している会社から営業活動に来たらしい。
登録無料で全国のスタジオの空き状況が一括で閲覧できて、メンバーに一斉に状況を知らせることができるそうな。
いろいろあるのね~。
ネット上でのお知り合いだったギターの方ともここでリアルにご対面できました。

さて、他の楽器の人と一緒に演奏していて「あ、結構ここの音いいかも」と感じたのでした。
そこで、セッション後スタジオが空いていると聞いたので、個人練習時間を取ってもらいました。
いつものことながらセッションではあまり回数歌えないし。、ここのところ仕事が忙しく練習不足だったので。
ところが、1人でアコースティックピアノを弾きながら歌いだすと、音の感じが違うのです。
練習スタジオによくある「音が壁に吸収されていく」感じ。
電気を使って音を出す楽器にはいいのだと思うけど、歌うにはこれはかなりしんどい。
歌っても歌っても、声が出ていない感じがしてものすごく身体が疲れる。
いろんな楽器の音に混じってた時にはわからなかったなあ。
師匠ともよく話をするのだけど、生ピアノと歌には普通のスタジオはしんどい。
だから心地よい音をつくるプロがいるのだ、という話。
先日のSongs LiveはプロのPAさんがついてくれて、それぞれの声に合うミキシングをしてくれたので、本当に心地よい音で、いい気分。
あー、なんと贅沢だったのか。

♪桜のシーズンなので、壁紙も替えてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 4日 (火)

自分が死ぬ夢を見た。

夢の中でも私は眠っていて、夢を見ている。
夢の中で更に夢を見てるのだ。
二つ目の夢の中で私は小さなバスに何人かの人と乗っているのだが、バスが崖から転落するのだ。
なんとか助かり、山の中で暗い夜道を歩いているのだが、またも崖で足を踏み外して落ちていく。
暗い空間をくるくる回りながらゆっくりと落ちていく。
周りに人がいるのが見えて声も聞こえる。
それで助けを求めるのだが、声が出ない。当然私の声は届かない。
声の出ない苦しさ。
やがて聞こえていた声が遠くなっていき、視界はますます暗くなって、意識が遠のいていく。
真っ暗闇になって意識を失ったと思ったら、地面に叩きつけられた。
顔をあげると、私はお釈迦様らしき人の足元にうずくまっていた。
金色の大きな足に下駄だけが見える。
体が大きすぎて、全体が見えない。
頭上から声が降ってきた。
人間はみな愚かだ、お前もその一人である。
愚かな者どうし許しあい、助け合うことができなくて、どうするのか?
もうお前は十分にわかったようだから、許してやる。行け。
夢の中で目覚めて、何かを求めて手を伸ばした。
あるはずのものがそこにはなかった。
触れられないことに愕然として、今度は本当に目が覚めた。
午前3時。
汗びっしょり。

そこから眠れず。
チョコレートを食べ過ぎたのかしら?

昨日もKeiさんと話してたのだけど、モーニングページを書き出してからものすごく鮮明な夢を見るようになっている。
もともと私はあまり夢を見ない・覚えていないので、驚いてしまう。
この2ヶ月で正夢も二度見てるし。
すごく怖い夢だったけど、自分が何をすべきかを教えてくれている。
早速動こう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年4月 3日 (月)

チョコレートビュッフェ

昨日はスイスホテルのチョコレートビュッフェに行ってきました。
なんと、一ヶ月前から予約しないと入れてもらえないのだ!
私は年に一度、チョコレート中毒になります。
その頃になると机の中にはロッテのガーナチョコレートが必ず入っている。
だいたい季節は秋の終盤から冬と決まっているので、動物でいうと「冬眠」の準備みたいなもの?Pht06040214551
チョコレートビュッフェというだけあって、チョコレート尽くし。
チョコレートチーズケーキ、チョコレートムース、ドラジェ、チョコスコーン、チョコデニッシュなどなど。
シンプルなクレープやワッフルなどチョコ以外のものもちらほら配置されていました。
一番の売りは写真のチョコレートタワー。
チョコレートが噴水状に流れるタワーに串刺しになったイチゴやバナナ、ケーキをかざしてチョコをかけて食べる。
チョコレートのフォンデュですね。
濃厚なんだけど甘すぎず、ほろ苦い大人味。ナッツのような風味も感じられました。
一緒に行った二人は、このチョコレートフォンデュが一番気に入ったらしい。
私が一番気に入ったのは・・・・・ハムとキュウリのサンドイッチ。(笑)
あと、ワッフルに添えられていたラズベリーソース。
・・・って、チョコレート関係ないじゃん。
さすがにチョコレート食べ過ぎたかも。

Pht0604021455
チョコレートビュッフェ終了後、場所を変えて日本茶&中国茶を飲みに。
なんとお茶一杯で4時間近く話し込んでしまって、驚愕。^_^;
そこで初めて知った事実:犬にチョコレートを与えてはいけないらしい。
知らなかった・・・ごめんよぉ、チーズ(←ご近所のレトリバー)。
飼い主に隠れて、私二回も食べさせたなあ・・・。
反省の念を込めて、テレビで見たペットが喜ぶ犬の顔面マッサージ
っていうのを今朝チーズにやってみた。
・・・ちらっと上目遣いで私を見ただけで、反応なし。

写真(下段)はチョコレートでつくられたカバ。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年4月 2日 (日)

新年会も無事終了

新年会(新年度を迎えた意味での新年会&新たな気持ちでがんばりましょうの会)も盛会のうちに終了しました。
今回は、松岡企画(通称)というグループのメンバー+ニューフェースという顔ぶれ。
ニューフェースが来てくれたおかげで本当に盛り上がりました。
ありがとう!
男性陣の貴重な経験談、皆それぞれの人生をつくっているんだなあ、と感慨深く拝聴しました。
なんといっても10代からのおつきあいですので。

さて、この松岡企画というグループで忘年会をするのがここ数年のならわし。
幹事・私、地元大阪開催が定番。
メンバーは普段全国各地に散らばっているので、帰省のタイミングを狙って暮れも押し迫った日程に設定しています。
今回、新年会のお知らせをメンバーがどこにいようとお構いなく送ってみました。
でも、一部で「宴会ってどこでやるの?盛岡?東京?静岡?え、大阪で金曜開催なのにお知らせ来てるの?」と混乱したそうで・・・ごめんなさい。m(__)m
私からのメール=「年末・忘年会のお知らせ」だと思い込んでいる人もいたらしい。
途中で気付いたんだけど、互いの近況がわかって楽しいな、と思ってそのままにしました。
・・・ということで、今度インドネシアに転勤になる人がいるんだけど、知らん顔して大阪での宴会案内を送り続けようと思います。(笑)

新年会終わって帰宅したら午前3時前。
朝、会社からの電話で起されました。
土曜日で休日だったのですが、急遽出社したんだよー。
よく寝なかった反動で12時間寝た・・・これは寝すぎ。^^;

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »