« クール・ビューティのトライ&チャレンジ | トップページ | カフェ探検 »

2006年2月27日 (月)

看板センサー

昨日は、Singers Showcase というイベントを見に難波のJAZZ SPOT845へ初めて行きました。

私、地理感覚はかなり良いと自覚しております。
ましてや、このお店のある場所は昔働いていた場所のすぐ近くで、とても良ーく知っている。
なのに鼻歌まじりで歩いていくと・・・・・ない!
あるはずの店がそこにない。
一瞬呆然。
地図をよく確認しておけばよかった、と悔やんでも後の祭。
店に電話をしようにも、控えてこなかった。
せっかく来たのに・・・。(ToT)
こういう時「もう行けない」「帰ろう」と思ってはだめなのですね。
「いや、必ずあるはず」と思えば、あるのです。(苦笑)
周囲をきょろきょろ見渡すと、道路の反対側にぼんやりとスタンドが見える。
その光に誘われるまま近寄ってみたら、そこが845でした。蛾か、私は。
私はロック系のライブハウスの場所と勘違いしてたみたい。
無事辿り着けたらよかったものの、地図はプリントアウトして持って行こう、とよくよく言い聞かせたのでした。
本日新規のカフェめぐりする予定なので、迷わないようにしなくちゃ。

ただ、私「店」を見つけるのは得意なのですね。
行ったことのないお店だったり、人に連れて行ってもらう場合でもお店の名前聞いておくと、真っ先に見つけてしまう。
「第6感が突出している」とか「野生本能が強いのだ」なんてうそぶいてたこともありますが、昨夜の経験から「看板」や「文字」に敏感に反応するのかも。
昭文社のでか字マップ愛用してるしなー。
(↑地図に「看板」の絵が記されている。)
そう言えば、車の免許を取る為に教習所に通ってた頃、こんなことがありました。
某寿司屋の配達の車が急カーブを切って割り込んできました。
「先生、私二度と○○寿司屋に行きませんっ!」と毒づく私に対して
「猛スピードの寿司屋の車は認識できて、なんで止まっている道路標識は見落とすのか?」と教官の突っ込み。はは、おっしゃるとおり。^_^;


イベントそのものはアットホームで楽しかったです。
主宰者の方や出演者の方と少しお話して帰宅。

|

« クール・ビューティのトライ&チャレンジ | トップページ | カフェ探検 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 看板センサー:

« クール・ビューティのトライ&チャレンジ | トップページ | カフェ探検 »