« ヨシオカさん、Forever | トップページ | B.バカラック »

2005年12月 7日 (水)

スーパー・ピアノ・レッスン

昨日ようやくNHKのスーパーピアノレッスンという番組を見ました。
前から評判は聞いてたのだけど、火曜日夜の7時25分という時間帯に間に合わなくて、本当にようやく。

12月からは、アレクサンドル・トラーゼというロシアの巨匠が生徒(日本人)をレッスンしています。
面白かった~。
生徒は勿論テレビで巨匠のレッスンを受けることができるくらいなので上手なのですが、トラーゼのレッスンを受けるうちにどんどん変化するのです。
昨日は課題曲「ハイドンのピアノ・ソナタ 変ホ長調」でした。
ビフォアー・レッスンの生徒の演奏は端正にまとまっているけど、「あー、お上手ね。そうそう、クラシックってだいたいこんなよなー。」って妙な納得感。
レッスン中トラーゼが繰り返してたのは、
「あなたのようにこの曲を神聖化して弾くのも構いませんが、それではただのスケール(音階)だ。そうではなくて、これはメロディなのだから、もっと歌うのです。」
おっしゃるとおり。
作曲家が何らかの感情に動かされてつくった曲をそんなに無機質・無感情に弾いてどうする。
アフター・レッスンはもうまるっきり別の曲。
躍動感に溢れ、音の一つ一つがキラキラして、フレーズが語りかけてくるかのよう。
レッスン終了後、トラーゼ自身の演奏があるのですが、そちらは陰影がくっきりして実にドラマティックでした。
ああ、いいもの見たー。

|

« ヨシオカさん、Forever | トップページ | B.バカラック »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

うふっ、観ましたか?わたしはショパンシリーズを教えてらしたルイサダ先生がよかったわー。とてもPassionateで。生徒さんで出てたベルギーのコンセルバトワール留学中の日本人の方、首が長ーくてオリエンタル美人だった。すごいひとたちがいるもんだなぁー。ピアノを弾けないわれわれにも、超一級のエンタテイメント番組です。

投稿: ことり | 2005年12月 7日 (水) 15時57分

子供の時にトラーゼみたいな巨匠の演奏聞いてたら、もっとクラシック音楽を好きになったと思うのです・・・。
近所の同級生の演奏が入り口じゃあなあー。^_^;

本当にすばらしかったです。
テレビのブラウン管というフィルターを通しても、あんな風に聞こえる(見える)のだから、生で見たらもっとすごいんだろうな。
liveで見ないとわからないものってあるからなー。

・・・ということで、やっぱり今週与世山澄子さんのライブを見に行こう。
ずっと気になってたら、偶然宮下さんというピアニストの方から共演するという案内メールもらいました。
昨日友達が歌もさることながら存在感がすごいよ、って言ってたし。

投稿: NIKO | 2005年12月 8日 (木) 09時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: スーパー・ピアノ・レッスン:

« ヨシオカさん、Forever | トップページ | B.バカラック »