« They can't take that away from me | トップページ | Stars »

2005年12月21日 (水)

大阪フィル@フェスティバルホール

昨日は、大阪フィルハーモニー交響楽団の演奏を聴きにフェスティバルホールへ。
クラシックのコンサートに行くのはこれで今年2回目。
2回とも企業がメセナ活動として開催しているコンサートの招待チケットを頂いたのでした。
東京に比べると大阪はこの手のコンサート少ないですね。
と言いつつ、しっかりチェックしているのだ。
私、自称「質の良い無料・格安コンサート発掘の達人」です。

昨日は、ムソルグスキーの「展覧会の絵」を聴きたくて出かけました。
あれ、ちょっと短いな、と思ったらやはりさわり部分しか演奏していないらしい。
でも音は良かったし、私は十分楽しめました。
フェスティバルホールはやっぱりいいなあ、どこに座っても音が心地よい。
様々な楽器を見てるのも楽しかった。
いつも思うんだけど、この手のオーケストラって弦楽器や管楽器がメインで、曲によると打楽器やハープといったパートの人達は演奏しない時間の方が長いわけで・・・。
その間微動だにしない姿を眺めながら、今何考えてるんだろう、音楽に身を委ねているんだろうか、などとシンバル係の人の胸中に思いをはせておりました。余計なお世話か。^_^;

帰り道中之島を通ると、「光のルネサンス」というイベント開催中。
最近年末の御堂筋ライトアップがなくなったと思ってたら、こんなことやってたのです。
市役所周りがイルミネーションで飾られてて、きれい。
丁度図書館の正面の壁をスクリーンにしてプロジェクターで模様を映し出す「ウォール・タペストリー」が始まるところだったので鑑賞。
丸い柱に模様が映し出されると、画像がすごく不思議な動きをしてて面白かったです。
幻想的だったー。
世の中にはいろんなこと考える人がいるんだなー、と妙に感心して帰った次第。
Pht0512202101

|

« They can't take that away from me | トップページ | Stars »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

直接関係ないんだけど、さっきNIKOに紹介してもらってほうってあったMixiのページに行ったのね。したらNIKOの写真のとこが、Blossom Dearieのアルバムジャケットだったよ!ううっ。これ、わたしが在りし日の恋人WさんからもらったCDだわ。わたしのイメージにぴったり、って。人生を左右する男、には必ず音楽がつきもの(憑き物?)だよなぁ。
Mixiって使い方わからなかったの。あとでまた見てみるばい。わたしのネット化って、かたつむりより遅いから。。。

投稿: ことり | 2005年12月21日 (水) 16時18分

ああ・・・そうなのですね。
じゃあ、今日帰ったら違う写真に変えます。^_^;
一応他の写真も2種類アップしてあるんですけど・・・。
ブロッサムは、80歳(?)になってもまだ現役で「あの声」なんだそうです。
友達がNYで今の写真撮ってきたのを見せてもらいました。
かわいいおばあちゃんでした。

投稿: NIKO | 2005年12月21日 (水) 17時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 大阪フィル@フェスティバルホール:

« They can't take that away from me | トップページ | Stars »