« Be My Love | トップページ | 週末 »

2005年9月30日 (金)

読書日記『活眼 活学』

「活眼 活学」を読みました。著者は陽明学者の安岡正篤。
玉音放送の草案書いた、「平成」の元号を考えた、昭和天皇はじめ政財界の大物が皆「先生」と教えを仰いだ、などなんかすごい人です。(俗な言い方すると今テレビに出まくっておられる細木センセイの再婚相手。)

タイトルの意味は、見えないものを観る眼とは、真の学ぶということとは、ということで、非常に哲学的な内容でした。
個人的には大局的なテーマよりも「日本人の心」「人生心得」あたりが面白かった。
「食べるとはどういうことか」「よく眠るとはどういうことか」など日々の生活の中で無造作にしていること一つ一つに問いかけがされていて、思わず我が身を振り返りました。
ただ、漢詩やら読めない漢字が多くて難しい・・・。
歴史の話も出てくるし、つくづく私って無知。
二の腕はむちむちしてるしな、関係ないな。^^;

↓写真:先日ソニプラの前で見かけた動くバーバパパ。
携帯カメラ向けたらピースサイン。
Pht050806

|

« Be My Love | トップページ | 週末 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Be My Love | トップページ | 週末 »