2016年11月 9日 (水)

ブログ引っ越しました。

長らく続けてきたココログでのブログ。
自分の日々の生活見直しの一環で心機一転、引っ越すことにしました。
新しいブログはこちらです。

My Favorite Things
http://nikojazz.hatenablog.com/

タイトルは同じです。
よろしければ、また覗いてやってください。
今後ともよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月27日 (木)

11月のお知らせ(スペシャルライブがある!!)

11月のライブのご案内です。
12月はホテルでの演奏やクローズのパーティでの演奏のみなので、
通常のライブは11月が今年最後となります。
スペシャルな場所でライブさせていただきます。
是非是非、お運びくださいheart04

shineミスター・ケリーズshineにて歌わせていただきます。

憧れていたケリーズですheart04
急きょ、いとう翔さんのライブにてオープニング・アクトで2曲歌わせていただくことになりましたpunch
応援に来てくださいますと、本当にうれしいです。
よろしくお願いいたします。

♪2016/11/9(水) open 18:00 1st 19:30/2nd 21:00
♪出演:いとう翔(Vo) 安次嶺悟(P) 小笹了水(B) 佐藤英宜(D)
 オープニングアクトniko(vo)
(急に決まりましたので、お店のサイトには名前が出ていないと思います。)
♪ミュージック・チャージ:¥3,800 HPからのご予約で10%offです。
♪場所: Mister Kelly's (ミスターケリーズ)
大阪市北区曽根崎新地2-4-1
ホテルビスタプレミオ堂島1F
TEL:06-6342-5821 FAX:06-6342-5822
地下鉄西梅田駅から徒歩3分/JR大阪駅から徒歩10分。

Photo
↑左より佐藤さん、いとうさん、安次嶺さん、小笹さん。

20141111
↑niko。

♪2016/11/8(火) 20:00~
♪高岡正人(pf)、niko(vo)
♪ミュージック・チャージ ¥1000(税・サービス料金別)
♪場所:グランブルー@ホテル ラ・スイート内
〒650-0042 神戸市中央区波止場町7-2 TEL:078-371-1111


♪2016/11/23(水・祝) 19:30~
♪愛川 聡(gt)、niko(vo)
♪ミュージック・チャージ:¥2000
♪場所:淀屋橋 酒音
大阪市中央区北浜3-2-16 3F
tel 06-7165-7833 淀屋橋駅16番出口からすぐ、センターホテルの並び。

20161123

心よりお待ちしておりますheart01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

October Skies

月曜のFREEDOMにおいでくださった皆さま、
押領司さん、お店のママ&マスター、
ありがとうございましたm(_ _)m

お客様に新しいこと教えていただいたり、
自分自身の新たな課題もわかったり・・・。
そして、嬉しいお声がけもいただきました。
またブログでご報告いたします。

いろんなことが嵐のように過ぎ去っていった10月でした。
アメリカからMichele Weir氏が再来日しました。
彼女の本スキャットで歌うアドリブ練習 改訂版 ヴォーカルインプロヴィゼイション 【模範歌唱/マイナスワンCD付】 と彼女自身に出会ったことから、私のヴォーカルへの取り組み方が大きく変わりました。
こうして日本で再会できたこと、
また彼女から学べたことがとてもうれしかったです。
レッスン後、早急に取り組むべきことを提案をしてくれました。
気づいてなかったsweat01

それから、今年の1月から参加させていただいているジャズヴォーカルアンサンブル。
先日今年最後のパフォーマンスを終えました。
この1年弱、シンガーたちを引っ張ってくださった東さんにも心から感謝しています。
大変な労力だったと思います・・・。
あれをできる人はなかなかいません。
おかげさまで、多くのものを得ることができた・・・・と思っていますbleah

この写真は、ネイリストさんがシンガー全員の爪に貼ってくださったシール。
ハロウィン仕様ですscissors


課題のことや来年に向けてやりたいなあと思っている新しい取り組みなど、
いろんなことが自分の頭の中でグツグツしてる感じです。
身体が2つほしい。。。。
そんなこと言ってても仕方ないので、できることから1つずつやっていくしかないかな。
と10月の空を見上げつつ、ひとり呟いてます。
Moondanceの中では、10月の夜は恋をするには最高らしいです。
うう、ロマンスとは離れた所にいるかもsweat01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月21日 (金)

月曜だけど、おしゃれしてジャズライブ。Dress Chord Night!

おしゃれしてジャズライブに出かけるのって、楽しいなと前から思ってました。
もちろん普段着でも楽しいんだけど。
そこで、Dress Chord Night と銘打ったライブをします。
ドレスコードと言っても、好きなお洋服着てきてくださったら結構です。
よかったら秋のおしゃれしてきてください。
帽子大歓迎♪
FREEDOMのママもマスターも、お洋服大好き。
いつもおしゃれで、お店にはお洋服販売コーナーもあります。

♪日時 10/24 月曜日 19:30開演
♪場所 堺筋本町FREEDOM
    大阪市中央区安土町1-4-11 エンパイアビル地下
    06-6264-7690
http://www.freedom-jazz.com/
♪出演 押領司由紀(pf)、niko(vo)
♪チャージ ¥3000(1ドリンクとおつまみ2品付き)
そうそう、押領司さんとのデュオについて。
以前セッションで演奏していただいたことがあって、演奏はもちろんお人柄にも感激しました。しかも美人☆
この度堺筋本町FREEDOMで共演していただくこととなりました。
これがまたうれしい~~~~(≧▽≦)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

Sit in。。。

梅田のパイル・ドライバーというバーに行ってきました。
知った方々がライブをされていたので。
歌とギターのデュオ。
独自の世界が広がって、素晴らしかったです。

最近忙しくて、心に余裕がなかったのですが、行ってよかった。
ほんとによかった。
ひととき、いろんなものを忘れさせてくれました。
ライブっていいな、久々にそう思わせてくれました。

ところで。
「せっかくだから、1曲歌いませんか?」とのお声がけ。

来た・・・。
Sit in・・・。
こんなにも独自の世界をつくられている所にSit inなんて申し訳ないsweat01
という気持ちと、せっかく言ってくださっているのに断っちゃだめdash
という気持ちがいつもせめぎあいます。(笑)

結局歌ったのですが。

関西だと「歌うんかーい」と突っ込みが入りそうです。

ええ、歌いました。
歌い終えて席に戻ると、グラスを持つ手が震えてました。

何度もステージに上がっているけれど、
初めての場所、初めてのお客さんばかり、
となると、まだまだひどく緊張します。
でも、この気持ちは大事にしなければいけない。
今日はそう思いました。
そして、私のライブに来てくださる方々のありがたさを改めて感じましたheart01
いつも温かい環境で歌わせていただいているんですね。
ありがとうございます!!
元気が出てきた☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 1日 (土)

寄付をしてみました。

昨年アメリカでのジャズヴォーカルワークショップに参加した時のこと。
超一流の講師の授業を受けることができるのに、受講料は破格の安さhappy01
アメリカでは普通かもしれないんだけど、
日本では考えられない破格の料金でした。
なんでこんなことができるんだろう???とはてなマークいっぱいで行きました。

わかったのは、
企業がスポンサーとしてついていること、
シンガー達が自分たちを育ててくれた地域にいろんなものを還元したいと考えて行っていること。
そして、地域のコミュニティが若者の才能を伸ばすためにサポートしていること。
具体的には、地域で積み立てをしていて、
A君はバスケットの才能がありそうなので、バスケットの勉強をさせてやろう、
Z君は歌がうまいし勉強したいみたいなので、ワークショップに参加させてやろう。
ということで参加費用を奨学金という形で出してあげるのです。
奨学金獲得者として、名前を公表して讃えてあげます。
そして、その取り組みを周りの大人たちが見に来る。
どれどれ、今年はどんなかなあ?という感じみたいです。
ワークショップの最終回は、全員参加のライブ。
近所の大人が次々聴きに訪れます。
「去年よりよいね」
「あなたたちのグループの演奏が私は好きだわ」
。。。など抱いた感想をダイレクトに私たちに伝えてくれるのもびっくりしました。

良い循環だなあ、とひたすら感心しました。
そして、こうやって音楽が身近なものになっていくんだろうなあ、とも思いました。
なんて豊かなんだろう。

日本でも似たようなことはできても、イベントとして一時的に行われてるだけなんじゃないかなあ。
私が行ったワークショップは毎年継続しているから、音楽のある生活が浸透していくんだろうなあ。


15歳の男の子がもう、こんな感じで成熟した歌を歌ってて、ビビりました。
思わず声をかけてしまった。
「ちょっと、あんた~。ええ声やなあ。」
「へへ、ありがとう。」
期間中、その男の子をVOICEって呼んでました。


18歳の女の子もこんな感じ。


極東の果てから参加した私は、自分や日本のレベルを痛感weep

だから日本は遅れている。
と嘆くのは簡単だけど、それでは何も変わらない。
なので、自分にできることをしてみよう。
誰も何もしてくれない、ではなく、
今の自分ができることをしよう、
そうしたら、それを見て同じことをしてくれる人が増えるかもしれない。

そこで、ある音楽団体に寄付をしました。
志に共感を覚えたので。
昨年のアメリカでの経験も伝えました。
今後につながる活動をしてくださると信じています(^_-)-☆

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月26日 (月)

体の声

今日はデモ音源の再録音でした。
自分の体の正直さにびっくりしています。(笑)

ここ数日、何をしていたかというと・・・。
ボイストレーニングの先生や
ジャズヴォーカルの先生にもらったコメントを唄に活かすこと。
自宅での練習時はよかったのですが、
いざ録音となると、頭と体がガチガチに固まってしまいました。

「次のところの発音、気をつけなくちゃ。」
「ここのブレス、抑え気味に・・・」

「高音の所の発声は、チェストヴォイスは控えめでミックスヴォイス強めで」
なんてことばかりが頭の中をぐるぐると・・・。
そうしたら、息継ぎができなくなりました。(笑)
息継ぎできないと、ロングトーンが全くできません。
当たり前だ。
ここ数カ月、一生懸命研究して、練習してきたのに。

そのことをピアニストさんに告げたら、
そっと珈琲を出してくださいました。
(ピアニストさんのプライベートスタジオだったのです)
そして、ピアニストにも同じことが起きると話してくださいました。
「形」(私が気にしていたことは、すべて形です)を超えて、その先にある大きな所に行きたいんだよね、とか
自然の一部であることを忘れるとそうなってしまうかもしれないね、とか・・・。
ああ、そう、そうですねと納得。

一息入れてから、再びマイクの前に立つと。
全く違う感じで声が出ました。
録音聞いても、はっきりとわかりました。
なんだ、これ。(笑)

ちょっとしたことで、体も心も変わること。
知っていたけど、改めて実感しました。
そして、ちょっとだけうれしい変化に気づきました。
それは、ガチガチになっていた自分の状態にすぐ気づいたこと。
数年前の私はそのことに気づけませんでした。
その状態でゴリ押しして、「思ったように歌えない」と嘆いていたと思います。

気づくこと。

そこから何でも始まるんだな。


overjoyed。
そう、そこに行きたい。

エスペランサ見ていると、何もかもがカッコよくてチャーミングで。
思わず明日美容室に行って、アフロにしてください、と言いそうになるけど、
違う、そうじゃない。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月25日 (日)

音楽とことば

先日のデモ音源。
今度はLAの先生に送って、聴いてもらいました。
もちろんコメントをいただきました。
主に発音のチェック。
細かいことだけど、それが大事なんだよ、と。
日本人にはOKかもしれないけれど、アメリカ人が聴くとここは変よ。
・・・と指摘してもらいました。

おおお、気づかなかったsweat01
メロディやリズムに気を取られて、おろそかになっていた。

そして、そこを修正してみると・・・。
メロディがとってもシャープで、輪郭がくっきりして、リズム感のあるものになったような気がします。
ちょっとのことなのに、すごいな、すごいupupup

英語発音の矯正レッスンでは指摘されなかったことばかり・・・。
やっぱり彼女に定期的にチェックしてもらった方がいいなあ。
でも、前進の跡が見える!と言ってもらえたので、うれしいheart01

ジャズヴォーカルは、勉強することや歌のための準備がたくさんあります。
(今日もある人に譜面を書いていると話したら、びっくりされました。)
まあ、でも英語に関しては母国語でないのだから仕方ないですね。
良いツールを教えてくれる人もいたりして、
楽しみを見つけながら、学び続けていこうと思います。
それにしてもやったことが少しでも報われていると思えると、とっても嬉しいheart04
もう少しがんばれる☆
・・・なんだか、その繰り返しです。


ことばと書いて思い出したのが、Fly Me To The Moon のヴァ―ス。

詩人たちはシンプルなことを表現するのに、たくさんの言葉を使うんだよ。
時間と韻と推敲を重ねて、詩人の唄を紡ぐんだ。
音楽とことばで僕が奏でていることを
君は理解してくれているだろうか。
少しずつ説明しながら歌ってみようね・・・。

私はこの歌、ヴァースから入るのが大好き。
全く違った風景が広がる気がします。
ルバートで歌うので、演奏者に負担かけてるかもしれないのですがsweat01
いつもサラリと受けてくださり、
バシっとあわせてくださる素晴らしい方々とご一緒させてもらっています。
みなさん、ありがとうございますnotes
シアワセ者だheart02

ほんとに素晴らしい方々とご一緒させてもらっています。
どうぞ皆様、一度聴きにいらしてくださいねm(__)m

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年9月21日 (水)

突き抜けていこう。

完全に思考停止してました。(笑)
昨日は月曜じゃなくて火曜日。
なんだかもう日付の感覚もわからなくなってきて。
そうだ。
時間や曜日の感覚がわからなくなっていたおバカさんっていう歌がありました。

邦題は 時さえ忘れて。
この人は確か、セロニアス・モンク・コンペティションで優勝したはず。


   
I’VE GOT YOU UNDER MY SKIN は、
「おバカさん、目を覚まして現実を見なさい」って言ってたなあ。
なんか、そんなフレーズの入った歌ばかり思い出してます。
カッコいいな、Jaimie Cullumは、本当に。

この人もカッコよい。
ドラムやパーカッションとDUOで歌うなんて、憎い!巧い!!


昨日のデモ録音をボイトレの先生に聴いてもらい、

撃沈してみたり、勇気が出たり。(笑)
録音の本番ではやらかなったのだけど、
新たに超高音にトライできたことを伝えてみたら。
「いい、いい、それで。その感じで突き抜けていこう。」とのアドバイス。
うれしかったnote
もう少し、がんばれそう。
落ち込んで止まってみたり、また前を向いて歩き出したり。
こういうことの繰り返しです。
これが修行なのだろうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デモ録音と魂と月曜の夜。

今日はデモ音源録りでした。
疲れた。。。sweat01
もう何度もデモ音源は録っていて、
初めての時に比べると、ずっとずっと慣れて。
ずっとずっと早く終われるようにはなっているのだけれど。

昔の人が写真を撮ってもらうと魂抜かれる。。。って言ってたような、そんな感じがしたのが初めての本気の録音だったなあ。
こんなで魂抜かれてどうすんねん、とそこから日々の練習の仕方がずいぶん変わったのでした。。。
多少技術が上がった分、早く終わることができ、
メンタルも体力的にもタフになったと思います。

しかも今日はプライベートスタジオだったので、気持ち的にもずいぶん楽で。
(本格的なスタジオって、あの設備環境だけでかなり緊張します。)

・・・それでも、やっぱりなんとも言えぬ疲労感で。
途中、思わず床に座り込んでしまいました。
あれこれ”表現”したいものがあって、懸命に試みてるのだけれど、
「録音」したものを聞いてみると、その表現は半分くらいに目減りしていて。
じゃあ、と思って2倍増しくらいで表現してみるとそれは明らかに過剰で。
目盛りの話ではない、何か別の次元の話のようなのです。
じゃあ、どうすればいいのよannoy
写真撮影で魂抜かれるのはほんとだよ、と言いたくなるくらい集中して臨むしかありませんでした。(笑)
はあ~~~~dash

で、帰宅すると採譜用の音源届いてて、あああ、無理、もう無理(´;ω;`) な月曜の夜。


いつの時代の何の曲を聞いても、ダイアン・リーヴスはすごい・・・。
ひたすら感心。

パット・メセニーがこんな曲を・・・。


イマニー。
こんな唄を聴くと、時々言われる「ジャズ向き」の声とかそうでないとか、
どうでもいいと思える。
私は「変わった声」と言われ続けてきて、
それでもジャズが好きで、ジャズが歌いたくて、歌い続けているけれど、
そんなことどうでもよくなる。


眠れますかね。(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«waltzerへ行ってきました。